時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「身代わり伯爵の潜入」清家未森

身代わり伯爵の潜入
清家未森
ヒースに誘拐されシアラン公国に連れてこられたミレーユは
逃げ出す途中に川に落ちてしまう。
気がつくとシアラン騎士団に助けられていた。
”記憶喪失”と勝手に勘違いされたミレーユは
少しでも情報を集めるため騎士見習いになった。
一方、リヒャルトは反大公グループと合流し
ミレーユの双子の兄フレッドは、ミレーユになりすまし
シアランに入国していた。
身代わり伯爵の潜入 (角川ビーンズ文庫)


ライトノベルの感想も「身代わり伯爵の潜入」で
とうとう100件になって、驚いています。やっぱりラノベも好きですね?。

で、感想です。
今回もミレーユは男装です[:汗:] ヘタな演技でバレないか
ドキドキです。
敵国の騎士団に潜入することは、裏表のない彼女にとって
難しいような気がします。(思いつきでやっているし)
だけど明るい彼女は騎士団で友達や舎弟もできちゃいます。
公女とも猫が縁で知り合いになり、なぜか”恋人ごっこ”の
相手役をお願いされてしまいます。
↑(これだけ読むと意外とシアランでも馴染んでいるかも)

女装が上手い兄フレッドはもっと暴走するかとおもったけど
意外と冷静でシアラン公国へ。
でも妹を誘拐したヒースに会ったときは
「あれ、おかしいな。右手が言うことを聞かない。
そうか、抹殺(まっさつ)目録第三位の標的に会えて嬉しいんだね」

本気なのか、脅しなのか分からないセリフを言っていました[:汗:]

フレッドと同行してきた第二王子ヴァルフリートは
またもミレーユに玉砕!出番はリヒャルトより多かったのに
可哀相でした。

リヒャルトの出番は少なめでラスト付近でミレーユに
襲いかかる(?)暴挙に。。普段は冷静な彼もミレーユの
お転婆振りにはキレてしまったようです。

物語的には進展はなくシアラン王宮の紹介とその近辺の
状況を読者にお知らせしたってところでしょうか。
なので次の巻が楽しみです♪
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 ライトノベル ファンタジー小説 国内作家_清家未森

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。