FC2ブログ
時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

「夜の展覧会」茅田砂胡

夜の展覧会-クラッシュ・ブレイズ(9)
茅田砂胡
セントラルの美術館にあった一枚の絵画
「暁の天使」はルウがモデルだった。

巨匠ドミニクの遺言に「まだ見ぬ黄金と翠緑玉の君に贈る」
と書かれていたのをみたリィは
どうにか絵を入手しようとするが、
「暁の天使」は盗まれてしまった!
大人をだし抜く金銀の調査はどうなるのか?
夜の展覧会―クラッシュ・ブレイズ (C・NOVELSファンタジア)
中央公論新社「夜の展覧会」公式サイト
(1ヶ月?だけ立読みできます、お早めに!)

いつもと大人びた態度のリィが通常の方法で手に入らないと
分かると「あれはおれの絵なのに」というくだりは
駄々をこねている子供のようで微笑ましかった(^_^)

ケリーとジャスミンは調査のためにすこーしだけ登場しただけで
あとはなんとアーサー(ヴァレンタイン卿)が巻き込まれる形になります。。
彼も息子の”お願い”には逆らえないようで自分から
事件に飛び込んでいくような。。(親バカなんですね結局[:モグモグ:])

好感が持てたのはグレン警部、警察って頭がかたそうなイメージが
あるんですが、、リィの「暁の天使」の鑑定をまかせたり
捜査に同行させたり、と臨機応変の好人物でした。

ラストの絵の処遇は納得いかないものの
絵の作者ドミニクの人となりが少しわかって楽しかったです♪

関連記事

tag : 読書 SF小説 国内作家_茅田砂胡

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ