時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「女提督の凱旋」ウェーバー

女提督の凱旋<紅の勇者オナー・ハリントン(8)>
デイヴィッド・ウェーバー
「囚われの女提督」が途中だったのでその続きです。
満身創痍になりながら民共の監獄惑星ハデスに降り立った
オナー・ハリントン。

早速、現地の囚人を救出し、ハデスから脱出しようと
作戦を考えるが
50万人の囚人には色々な惑星の人々(民共の政治犯とか)がおり
看守による虐待が横行していた。。
女提督の凱旋 上 (ハヤカワ文庫 SF ウ 16-16 紅の勇者オナー・ハリントン 8)
女提督の凱旋 下 (ハヤカワ文庫 SF ウ 16-17 紅の勇者オナー・ハリントン 8)
義眼をこわされ、片腕になってしまったハリントンだったが
戦意は少しも衰えていなく、、次々と指示を出していく。
彼女の精神力はすごいです。
今までも大変だったけど、「囚われの女提督」では拷問にあい
相棒のニミッツも大怪我をして、一人と一匹は気持ちで負けてないんですよね?。

今回、上下巻で1000ページを軽く超える厚さです。
その理由は、たぶんハリントンの惑星脱出だけではなく
訃報が流れた時のグレイソンの様子やハリントン領の継承について
(父親と母親が領地を継承しそうです[:ふぅ?ん:])
ホワイト=ヘイヴン伯の嘆き&戦い。
アリス・トゥルーマン(元ハリントンの部下だった)が新兵器
(新造船)を使った戦い。
なども書かれているので話が長くなったようです。
まるでハリントン意外にも主人公がいる感じ。。

殺伐とした監獄惑星の生活の中でも
ホッとしたのがニミッツのセロリを食べるところと
住人達が洋服を染色したりする場面。。
なんかホノボノしました(^_^)ニミッツは可愛いです。

民共の奇襲にあい、ハリントンをかってくれていたクロマーティ公
たち政治家も危機的状況なんですが彼女が帰って来ることで
それもいい方向に行くんじゃないかと期待しています。

最後に、「女提督の凱旋」ってタイトルですが凱旋シーン
書かれていなくて次の巻でそのところが書かれる
のでないかとと思います[:汗:]
(私がつけるとしたら「監獄惑星、脱出」って名前かな)
死んだと思っていた彼女が帰ってきたときの
みんなの反応が気になります、その辺をガッチリ書いて欲しいです!!

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 海外小説 SF小説 海外作家_デイヴィット・ウェーバー

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。