時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「銀色の愛ふたたび」タニス・リー

銀色の愛ふたたび-Metallic Love
タニス・リー
貧しい暮らしをしながら「ジェーンの物語」のシルヴァー
あこがれる少女ローレン。
META社から発売される銀色の肌をもったロボットは
シルヴァーのによく似ていた。
なぜ、またロボット達が造られるようになったのか?
前作で謎だった事柄が次々と解明される。
24年ぶりに書かれた「銀色の恋人」続編。
銀色の愛ふたたび (ハヤカワ文庫 SF リ 1-3)
主人公も代わって、ジェーン(前の作品の主人公)の出番も殆んどないので
続編といっても設定を引きずっているという感じです。

新しい主人公ローレンはジェーンとは正反対
母親に捨てられ、貧しい環境に育ち、自分の意思をもっている。
共通点はロマンチックなところですかね。(あとシルヴァー型が好きなことかな)

ロボット=ヴァーリスのお相手に選ばれたローレン
どんどん彼を好きになっていって、始めの頃の独立した
自分を失っているように気がします。
(ここら辺ジェーンと反対なんだなぁ)

前よりバージョンアップした。ロボットがたくさん出てくるところは
すごく面白いです。(ロボットが変身したりする)
また、前作で謎が分かっただけでもこの本を読んで
したような気になりますね。

ジェーンの母親が少し登場します。
彼女はイジワルで銀河鉄道999のプロメシュームを
思わせる人物でした(>_<)

前回受身だったロボットが自分の意志で考え
人間と関わろうとする所も見どころです。
ロマンティックな設定に目がいきがちですが
意外に人間とロボットの関係が書かれているので
SF小説としても楽しみました。

早川書房「銀色の愛ふたたび」

人気ブログランキング
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説 海外作家_タニス・リー

 

コメント

非公開コメント

はじめまして♪。
ようやく続編が日本語訳されて嬉しいです。
ジェーンはあまり出てきませんが母親のデーメータの活躍がすごいですね。

花さん。いらっしゃいませ!
そうそう、前のが出てからかなり時間がたってますよね。
>母親のデーメータ
この人は怖かった(^^;)
親には向かない人ではないかと思います。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。