時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムトラベル小説リスト

タイムトラベルを題材にした小説のリストです。
漫画は入っていません(とても好きですが)
カテゴリー分け<SF>、<ファンタジー>、<ミステリ>、<時代
をしたので今後はソチラでご確認ください
たくさんのタイムトラベル本をおすすめしていただいたので
このページは残しておこうと思います。
引き続き(おすすめ本の)コメントなどお願い致します。

魔女も恋をする-SF傑作選
時を超えるSOS
リメイク
トキオカシ
時の罠
タイムマシン大騒動
時空を超えて
ロスト・インスペース
時間砲計画
無常の月
イエスのビデオ
時空道中膝栗毛
涼宮ハルヒの陰謀
憐-routine-
アトランティスへの扉
時空暴走気まぐれバス
ふたりジャネット
タイムクラッシュ
暗殺者は方舟に乗って
少年は探偵を夢見る
憐3-遠いキモチと風色のソラ
英国アンティーク夢譚
ベトナム観光公社
フロリカ-時の鎖-
約束の柱、落日の女王
鵺姫異聞
きみがいた時間ぼくのいく時間
やみなべの陰謀
タイムトラベル・ロマンス
少女がくれた木曜日
涼宮ハルヒの暴走
砂漠のタイムマシン
鵺姫真話
ラスト・ビジョン
リターナー
タイムスリップ大戦争
陰陽師 鬼一法眼 -ときじく之巻
道士さまにおねがい
大唐風雲記2
憐-刻のナイフと空色のミライ
時の風に吹かれて
道士さまといっしょ
睡魔のいる夏

円環の孤独
憐/錆ゆく心と月色のナミダ
涼宮ハルヒの消失
大唐風雲記
ノルンの永い夢
思い出のマーニー
レベル3
およね平吉時穴道行
ある日、爆弾がおちてきて
4講談・碑夜十郎
ある日どこかで
続・時をかける少女
火よ燃えろ!
脱走と追跡のサンバ
恐竜鉄道
タイムトラップ
20世紀SF(3)1960年代
時空の旅
時間だよアンドルー
神はサイコロを振らない
東海道戦争
願い星、叶い星
まだ見ぬ冬の悲しみも
シナオシ
ウイリアム・テン短編集
大江戸仙界紀
青春小説
虹の裏側
宇宙市民
かりそめエマノン
人類のあけぼの号
退魔戦記
人間の手がまだ触れない
ダイノサウルス作戦
大江戸仙境録
レモン月夜の宇宙船
竜の眠る浜辺
大江戸神仙伝
メイの天使
時の旅人-長野版
天然理科少年
まろうどエマノン
君の名残を

タイムトラベルでオススメの本があったら教えて欲しいです。読みます

さすらいエマノン
おもいでエマノン
タイムライン〔小説版〕
時間線を遡って
君がいる風景
僕たちの戦争
さよならの代わりに
タイム・トラベラー
この胸いっぱいの愛を
時をこえた約束
エメラルドの象
七回死んだ男
タイムマシン
ラー
アヌビスの門
ラプソディ-血脈の子
時の顔
果しなき流れの果に
時の旅人
鏡のなかの幽霊
時間泥棒
時間街への招待状
時の扉をあけて
戦国自衛隊
虹の天象儀
ふりだしに戻る
ゲイルズバークの春を愛す
時の彼方の王冠
時尼に関する覚え書き
8ビットの魔術師
タイムトラベルSF傑作選
時の向こうに
時に架ける橋
時の町の伝説
明日プラスX
太陽の黄金の林檎
時の仮面
ルネサンスへ飛んだ男
時と次元の彼方から
タイムシップ
黄金の女神
スキップ
時間不動産
ブルースカイ
空飛ぶ円盤
ぬすまれたタイムマシン
過ぎ去りし日々の光
時間と空間の冒険No.2
SOSタイムパトロール
瑠璃城殺人事件
ガストンとルシア2
この人を見よ
少年時間旅行
ガストンとルシア1
酔歩する男
ミレニアム

時のロストワールド
航時軍団
タイムパトロール
トキオ
永遠の終り
海を見る人
>時の歩廊
リピート
時間エージェント
新幻魔大戦
時をかける少女
サマー/タイム/トラベラー2
七瀬ふたたび
テクニカラー・タイムマシン
輪廻の蛇
ライトニング
流星ワゴン
時の旅人/アトリー版
ミート・ザ・ビートルズ
さよならダイノサウルス
フラッシュフォワード
イエスタディ・ワンスモア
タイムスケープ
異邦人-fusion
クロノス・ジョウンターの伝説
夕ばえ作戦
八月の博物館
ジェイミーの墓標
ジェニーの肖像
サマー/タイム/トラベラー
500年のトンネル
時の旅人クレア
タイムトラベラーズワイフ
時の門
闇よ落ちるなかれ
夏への扉
ねじの回転
犬は勘定に入れません
美亜へ贈る真珠
マイナス・ゼロ
All you need is kill
タイムパトロール
地下鉄(メトロ)に乗って
未来のおもいで
リプレイ
トムは真夜中の庭で
百万年分の一瞬/インナータイムトラベラー
タイムリープ-あしたはきのう
ライオンハート
時のかなたの恋人
五分後の世界
わが愛しき娘たちよ
Y(ワイ)
タイム・リーパー
蒲生邸事件
ドゥームズデイ・ブック

人気ブログランキング
関連記事
 

コメント

非公開コメント

コメントをありがとうございます。
まず「新・幻魔大戦」から読まれることをお薦めします。「真・幻魔大戦」もあるのでややこしいです。

はじめまして。
おすすめの泣ける本あるのですが、
タイムトラベル物と言った時点で
魅力が半減するので、言えません。
って書いたらわかるかも。
乾くるみの「リピート」というのも良いです。

>コウさん
「新・幻魔大戦」から読みたいと思います。
ありがとうございました!
>Cinosさん
たしかに、タイムトラベルと言ってしまうと
それだけでネタばれになる可能性が、
有りますよね?。
乾くるみの「リピート」はじめて聞く名前で
うれしいです♪読ませていただきます!!

一つ紹介できる本がありました。
北山猛邦の『瑠璃城』殺人事件という本です。
タイムトラベルというより運命の連鎖という感じですが。物理トリックも素晴らしいですよ。
少し、物語の雰囲気やキャラクターに抵抗があるかもしれませんが、本格ミステリでおもしろいと思います。
読む本がなければ試しに読んでみてはどうですか?

rachelsさん>
助かります?。北山猛邦ですね!
トリック物(推理小説)は好きです。
いつも犯人とか当たらないんですけどネ(^^;)
週末にさがしてみます。

当方のブログにコメントありがとうございます。
しかしタイムトラベル物を幅広く読んでらっしゃいますねぇ、私はこの中の半分も読めてませんので感心しました。
そんな私の一押しはロバート・F・ヤング著「たんぽぽ娘」、短編ですけどね(クロノスジョウンターとかでも言及されてるので、たぶんご存知の作品だとは思うのですが・・・)。
今の所は入手困難な作品ですが、今度河出書房新社の奇想コレクションからずばり「たんぽぽ娘」のタイトルで短編集が出ますので期待しましょう(因みにハヤカワSF文庫の同著者の「ジョナサンと宇宙クジラ」もお勧め)。

もう一冊お勧め本を思い出しました。
ハヤカワFT文庫、ティム パワーズ著「アヌビスの門」(上下)。
FTレーベルで出てますが、実はタイムトラベル冒険小説という感が強く、かなり楽しめました。

FaianchChaさん>
どうもです(^_^)/
「たんぽぽ娘」、中々見つからずに困っていました。
河出書房から出るんですか?
貴重な情報ありがとうございます!!
「アヌビスの門」の方も探してみたいと思います。
タイムトラベル本のストックがなくなってしまったので
こういう情報がほんと助かりますm(__)m

はじめまして。「たんぽぽ娘」を検索していて辿り着きました。
私もタイムトラベル小説が好きなのですが、こちらで知らない作品がたくさん紹介されていたので嬉しくて、ついコメントさせていただきました。
買おうか迷っていたコニー・ウィリスも読んでみます!
そして私もオススメ本を書かせていただきますね。
創元推理文庫リチャード・マシスン「ある日どこかで」
角川文庫ジャック・フィニィ「ふりだしに戻る」
新潮文庫亀和田武「時間街への招待状」(これは絶版だと思うので入手が難しいかも…)
今手元にある物の中で考えてみました。
ちょっと古い作品ばかりですが、タイムトラベルものとして味のある作品だと思います。
すでにお勧めされている「アヌビスの門」は私も好きです!
とても楽しく読める作品だと思います。(他のパワーズの作品も復刊されると良いのですが)

ちさサン>
はじめまして?。
たくさん教えていただき有り難うございます!
感謝、感謝デス(^_^)
古い作品でも、ストーリィ良かったり
ツッコミ所が多かったりして楽しんでいます。
絶版本の頑張って探してみます♪
目標の100冊までは後30冊ほど
また、オススメ本が有りましたらお願いしますm(__)m

>> 角川文庫ジャック・フィニィ「ふりだしに戻る」
ああフィニィがありましたね。甘々の懐古趣味なので万人にはお勧めできませんが、入り込んでしまえば気持ちの良い世界です。「夢の10セント銀貨」(情けない主人公に腹をたてないでね)や「ゲイルズバーグの春を愛す」(短編集なので殆ど憶えてないや、そもそもタイムトラベルだったっけ?)なんてのもわりと入手可能なのでは?

FaianchChaさん>
いつも有り難うございます。
FaianchChaのブログに行くと私の
欲しい本がいろいろ載っているので、
おすすめしてくれる本は間違いないハズw
「ゲイルズバーグの春を愛す」
探してみます!!

はじめまして、へなのこと申します。
タイムトラベル物が好きで、そのジャンルの小説を探していて辿り着きました。
最近読んだ中で、面白かったのは、
電撃文庫「タイムリープ」です。
>鹿島翔香(主人公)が、月曜日に登校したら、
>その日は火曜日だった・・・
過去の自分は、未来の自分という、
なかなかこんがらがったお話で面白いです。
挿絵が若干マイナス要素です。笑

へなのこさん>
はじめまして(^^)ありがとうございます!
「タイムリープ」も大好きです。
主人公がかわいいのでお気に入りです。
へなのこさんのサイト見ましたよ♪
面白いっすねぇ、次はゼヒ攻殻ネタをお願いしますm()m

はじめまして。
「クロノス・ジョウンターの伝説」を検索していて、こちらに来ました。
わたしも日々面白いタイムスリップ物を探しているので、こちらのブログも参考にさせていただきます。
お返しといっては何ですが、わたしも少し紹介しますね。
J・フィニィ「愛の手紙」(「ゲイルズバーグの春を愛す」に収録されてます)
K・グリムウッド「リプレイ」
M・クライトン「タイムライン」
3つともテイストは違いますが、どれもお勧めです、
まだ読んでいないようであれば、ぜひ読んでみてくださいね。

nangokushirokuma66さん>
たくさんオススメいただき有り難うございます!
またも、タイムトラベル本がネタ切れしそうだったので
助かりましたm(__)m
「クロノス・ジョウンター」は映画にもなったし
ファンとしては仲間が増えるのが嬉しいです♪
フィニィに興味あります!何冊かタイムトラベル本を
書いているようで、できれば年内に読みたいなぁと思います。

はじめまして。
読んでいらっしゃるタイムトラベル小説、どれもとても面白そうですね。
特に「ガストンとルシア」が気になります(^^)
私が読んだ本でお勧めの小説は、
赤木かん子さん編集の「時空の旅」、
梶尾真治さんの「時尼に関する覚書」
です。お暇なときにどうぞ♪

空猫さん>
こんにちは?。
「ガストンとルシア」は冒険モノって
感じで良かったです。
おすすめ本も有り難うございます。
梶尾真治さんの時空モノでまだ読んでない本が
あったとは!楽しみです(^0^)

こんにちは。
BEST3を拝見しました。
「夏への扉」「マイナス・ゼロ」はわたしもMyBest1,2を争うくらい大好きな作品です。
特に『マイナス・ゼロ』は、J・フィニィのような見て来たような”過去”が描かれているのが魅力だとおもいます。
広瀬正氏著作は他の作品も大好きで特に『エロス』が好きです、タイムスリップとは違いますが、「if・・・」の世界が素晴らしく描かれていますよ。
入手はちょっと難しいかも、図書館か古本屋さんで探してみて下さい。
あと北村薫さんで『リセット』好きですね。

nangokushirokuma66さん>
おお?、「マイナス・ゼロ」も好きですか!
「夏への扉」は皆さんおすすめのようですが
「マイナス・ゼロ」の魅力が浸透してないような。。
さみしい思いをしたことがあります(^^;)
うれしいデス!
『エロス』はまだ読んでないので探してみますね♪
広瀬氏は絶版が多いので、残念です。

ユキノさん、はじめまして。
タイムトラベル小説に限定した100冊のレビューって、とてもユニークですね。
それも間もなく80冊目とは凄い!
私が最近読んだ中では「リプレイ」が秀逸でしたが、ユキノさんも好みだったようですね。
他にタイムトラベルものというと、センチメンタルな「ある日どこかで」(リチャード・マシスン)や壮大なファンタジー「ラプソディ」(エリザベス・ヘイドン)三部作なんかがお勧めですよ。
「ある日どこかで」は、最近廉価版のDVD が出たので、そちらでチェックしてみても良いかも知れません。
DVD と言えば、マイケル・クライトンの「タイムライン」は本で読んだ方が面白いと聞いたことがあります。
ファンならチェック済みでしょうか?
では、長々とお邪魔しました。

Leonさん>
コメントありがとうございます。
今年中に100冊は難しそうですが。。
1月には達成しそうです!
「ある日どこかで」>今、手元にあります♪
DVDもできれば見てみたいですねぇ?。
いろいろオススメいただき嬉しいです。
また、オススメ本が有りましたらお願いします(^_^)

人気blogランキングからたどり着きました。
t-nanaseと申します。
素敵なBlogなので感心しました。
「虹の天象儀」作:瀬名秀明(あのパラサイト・イブの作者です。)は読まれましたか?
渋谷の五島プラネタリウムを舞台にしたタイムスリップ物です。久しぶりに感動しました。
勝手かと思いましたが私のBlogにLINKさせたいただきました。
問題等有りましたらご連絡ください。

t-nanaseさん>
コメントありがとうございます!
「虹の天象儀」は未読です。瀬名秀明は好きなので、ぜひ読ませていただきます♪
リンクの方もありがとうございました。
嬉しいです(^_^)

祥伝社文庫から出ていると思います。
文庫向けの書き下ろし作品のようです。
別サイトでCGの作品を作っていますので、お暇がありましたら遊びにおいでください。(私のBlogから飛べます。)こちらのBlogを観ていたら何だか時間をテーマにした作品を作りたくなりました。時間旅行って言葉を聞くだけでワクワクしますよね。
お知恵を拝借する事があるかも知れません。その時はよろしくお願いします。

t-nanaseさん>
詳しい情報をいただき助かります!
瀬名さんの「八月の博物館」は読んだんですけどね(^_^)
あと、サイト拝見しました♪
3Dイラスト、幻想的で美しいですね?。

同じテーマで、読み進んでいる方がいて、尚且つブログまでupしているとは。驚きと感動でした。
取りあえずお奨め作品を。
F・M・バズビイと言う作家の「ここがウィネトカならきみはジュディ」は短編ですが、なかなか良いです。
新潮文庫の「タイムトラベラー」と言う短編集に入っています。
それからユキノさんは、映画の時間物へのこだわりは無いのでしょうか。
もし興味があるのでしたら、「バタフライエフェクト」と「オーロラの彼方に」は良い映画です。
一度お試し下さい。

あるこんさん>
こんにちは。いらっしゃいませ(^0^)
「ここがウィネトカならきみはジュディ」は未読です!ありがとうございますm(__)m
映画の方にも興味があります。
「バタフライエフェクト」と「オーロラの彼方に」は面白そうですね?。
100冊読めたら、映画の方にも進もうかなぁ。
新しい目標ができそうです!
本当に有り難うございました。
(達成したらどうしようか、悩んでいたので
たすかります)

はじめまして♪
「時間線を遡って」ロバートシルバーグ
は十字軍の歴史を絡めた面白い作品です。
創刊書房!?だったかと思います。

Peanutsさん>
はじめまして?(^_^)
「時間線を遡って」は聞いたことがあります。
まだ読んでいないのでGETしたいと思います。
(シルバーグは好きな作家です♪)
おすすめ、有り難うございます!

そう言えば、リチャード・マシスンの「ある日どこかで」も割と有名なタイムトラベル物ですね。私は原作は未読ですが映画を見てます(亡きクリストファー・リーブ氏が主演でした)。フィニィ的な作品がお口に合えば、こちらも良いかもしれませんね。

あと広瀬正氏の作品も「マイナス・ゼロ」はお読みになられているみたいですが、短編集で「タイムマシンの作り方」なんてのもありますし、「エロス」もお勧めですね(どちらかと言うと歴史改変ものですが・・・)。

FaianchChaさん>
いつも有り難うございます!
「ある日どこかで」は積読状態です(^^;)
映画の方も気になりますネ。
広瀬正さん好きです。
「タイムマシンの作り方」、「エロス」は未読なので探してみます。

こんばんは。もうすぐ100冊。すごいですね?。タイムトラベル小説は僕も好きですが、ここに挙がっているものの半分も読んでいないです。
去年読んだ中で良かった時間モノは「ある日、爆弾がおちてきて」(古橋秀之/電撃文庫)です。短編集ですが、「普通の時間を生きる少年と、ズレた時間を生きる少女」の物語で統一されています。その中でも「むかし、爆弾がおちてきて」は「海を見る人」のアナザーエンドという感じでお気に入りです。

たけ14さん>
お世話になってます♪
たけ14さんもたくさん本を読んでいますよね?
見習わないと(^_^)
古橋さんはブラッドジャケットを読んだこと有ります。
「ある日、爆弾がおちてきて」も入手しなければ!
おすすめ有り難うございます。

はじめまして
タイムトラベル、いいですね。
ところで、ハインラインの「夏への扉」はお読みになりましたか?個人的には、ハインラインで2番目に好きな作品です。時間旅行を扱っています。

上のリストで、見逃していました。失礼しました(^^ゞ

ぱいぽさん>
コメントいっぱい有り難う(^0^)
Aチームも良い作品ですよね。
「夏への扉」が好きなんて気が合いますね?。
ハインラインはたくさん作品を出しているので
追いつかない?うれしい悲鳴デス♪

こんばんは、お久しぶりです。
100冊目前ですね、頑張れっ!
最近読んで面白かった本を紹介します。
荻原浩『僕たちの戦争』です。
現代のぷーたろー青年と昭和19年の海軍の
飛行機乗りが入れ替わってしまい・・・
笑えて、切ないお話でした。

nangokushirokuma66さん>
こんばんわ?。おひさです(^_^)
nangokushirokuma66さんおすすめの
「愛の手紙」読みましたよ!
ありがとうございました?
いつも本を紹介していただいて
助かっています。
『僕たちの戦争』もゼヒ読みたいと思います。
100冊まであとチョット頑張ります!

 ここのリスト、ほとんど知っていますよ。僕も「タイムトラベルファン」です。
 
 長野まゆみの『天然理科少年』なんかもどうでしょうか。
 ただし、これはオチでそれとわかるので、このリストに載せちゃうと、初めて読む人は、最期の感動が半減するかもしれないな。

コボシさん>
こんにちは(^^)/
この大半を知っているとは「通」ですね?。
私も皆様からオススメいただいてやっと
たどり着きました♪
長野まゆみさんは好きなので『天然理科少年』
探したいと思いますm(__)m

ユキノさん、こんばんは。
なかなか面白いタイムトラベル小説を読みました。貫井徳郎さんの「さよならの代わりに」です。ある劇団の団長が殺人容疑で逮捕され、劇団の若手俳優と、未来からやってきた団長の孫という女性が協力して事件の謎を追うSFミステリです。
自分の所でも書きましたが、タイムトラベルのパターンがかなりレアで面白いです。物語自体もとても爽やかで読後感もよく、オススメできる作品ですよ。

たけ14さん>
どうも?こんにちは!
貫井徳郎さんですか、昔ミステリ小説に
はまっていたので貫井さん好きです(^^)
「さよならの代わりに」ゼヒ読みたいと思います。
いつもオススメ有り難うございます♪

はじめまして。
タイムトラベル小説100冊。すごいですね?。
発刊されてから年数が経ってますので、すでにお読みかも・・・ですが、お勧めを2冊紹介させて頂きます。
「君がいる風景」著:平谷美樹
「七回死んだ男」著:西澤保彦
どちらも読みやすい作品だと思います。
ところで、ユキノさんは舞台に興味はおありですか?
「クロノス・ジョウンターの伝説」が春にキャラメルボックスで公演されます。
昨年末にクロノスを観ましたが、面白かったですよ。

アキさん>
はじめまして。
オススメ、有り難うございます。
「君がいる風景」未読です♪探します。
タイトルから察するにラブストーリィかなぁ。
「七回死んだ男」は読んだことあるけど
内容をあまり覚えてません(^^;)
再度チャレンジして感想を書きたいと思います!
「クロノス・ジョウンターの伝説」の舞台は興味ありますね。時代の流れをどう表現するか気におなります。

ユキノさん、こんにちは。
『君がいる風景』ですが、ソノラマ文庫からでています。大人の為のジュヴナイルといった作品で、察する通りラブストーリィとも言えます。
『七回死んだ男』。「異邦人-fusion」が紹介されているので既読かとは思いましたが、やっぱり。。。でも、感想upとのことですので楽しみにしています。
上記になかった作品でもう2つ紹介します。
ただお勧めかといわれると微妙なので(好き嫌いが分かれると思います)ストックが無くなった時にでも(^^;
『タイムスリップ森鴎外』 鯨 統一郎 (著) 続編も出てます。
『君の名残を』 浅倉 卓弥 (著)
あと、お勧め映画を。
『サマータイムマシン・ブルース』竹書房文庫から本も出ています。
『恋はデジャ/Groundhog Day 』
ともに明るく楽しめるタイムトラベルものなので、気軽に観れますよ。

題が欠けてしまっていたので
『恋はデジャブ』です。
失礼しました。

アキさん>
詳しく&たくさんオススメいただいて
感謝感謝でございます!
タイムトラベル小説の方は100冊超えそうなので
映画の方にも手をだそうかと考えてました?
でも、ストックというより時間モノ映画を知らないので
アキさんに教えていただいて助かりました♪(^_^)

そういえば、石川英輔の「大江戸神仙伝」も、タイムトラベルです。現代社会に住む男性が突然江戸時代にタイムスリップ(?)してしまい、江戸に住むことになるという話なんですが、読まれたことはありますか?江戸時代を新鮮な目で見ることができてわたしは好きでした。シリーズになっています。

ぱいぽさん>
いらしゃいませ?(^0^)
「大江戸神仙伝」ですか。
意外と江戸時代モノは読んでいないので
嬉しいです。(これで幅が広がります!)
探してみたいと思います。有り難うございます。

谷口ジローの『遥かな町へ』上・下 は、マンガですが、ノスタルジー溢れる素敵な作品です。機会があればご覧下さい。 

ケントさん>
コメント&TBどうもです。
タイムトラベルもの、漫画ですね?。
タイトルも素敵だしおもしろそうなので
探してみたいと思います(^_^)

パ?ッっと見ただけなのですが、
読んだ事ないのが、沢山で参考になります。
もしあったら、すいませんが
『眉村 卓』作品が無さそうなんでありますが?

ユキノさんいよいよ100冊達成ですね。面白いタイムものがあったらお互い情報交換しませんか。

猫武炸成さん>
こんにちは?
スルドイですね、確かに眉村卓さんの作品
はないです(^^;)
探してるんですが、絶版もあるみたいです。
もう少し、お待ちくださいマセ。
ケントさん>
有り難うございます。
お互いコメントしたり、トラックバックしたりして
盛り上がるとイイですね?。
情報交換しましょう。

あまり、人に知られて無いだろうタイム・トラベル物の短編を。
「レモン月夜の宇宙船」(ハヤカワ文庫JA)の中の『ステファン・ラドクリフの薔薇』
ひらけポンッキッキのプロデューサーを務めていた野田昌宏さんの短編集の中の一品。作者本人がステファン・ラドクリフという作家の妻にタイムスリップして出会うというお話です。同じ短編集の中に他にも『東京未来計画』を始めタイムスリップ物が多く収録されています。現実とタイムスリップという非現実の境界線がうまく描かれていて、もしかしたら・・・と思わせる作品です。氏の作品には本人はもとより、ガチャピンまで登場してきます(ムックは出ません)。
おそらく絶版かと。
追記:ご存知かもしれませんが浅田次郎氏の「地下鉄(メトロ)に乗って」が映画化されます。今秋の公開予定とか。

t-nanaseさん>
こんにちは!
短編物、好きです(^_^)
タイムトラベル小説の長編って
時に、すごーく難解な(科学的な)ものが
あって理解できません。
なので、たまに短編を読むと
リフレッシュします。

ちょっと思いついたタイムトラベルもの小説を挙げさせていただきます。既読だったらごめんなさい。
ロバート・シェクリイ「時間に挟まれた男」ハヤカワ文庫SF『人間の手がまだ触れない』収録
ロバート・シェクリイ「時間泥棒」ハヤカワ文庫SF『宇宙市民』収録
ウィリアム・テン「ブルックリン計画」「それはかちりかちりとちらついて終わる」創元SF文庫『ウイリアム・テン短編集1』収録
ダニー・プラクタ「何時からおいでで」河出文庫『20世紀SF3 1960年代砂の檻』 収録
アルフレッド・ベスター「時と三番街と」河出書房新社『願い星、叶い星』収録
マック・レナルズ「時は金」創元SF文庫『SFベスト・オブ・ザ・ベスト』収録
リチャード・マシスン「ゴルゴダへの旅」朝日ソノラマ文庫海外シリーズ『モンスター誕生』収録
C・L・ムーア「ヴィンテージ・シーズン」SFマガジン1983年7月号収録
ラリイ・ニーヴン「タイム・トラベルの理論と実際」ハヤカワ文庫SF『無常の月』収録
フィリップ・K・ディック「時間飛行士へのささやかな贈物」ハヤカワ文庫SF『時間飛行士へのささやかな贈物』収録
マーク・トゥエイン『アーサー王宮廷のヤンキー』創元推理文庫
スタンリイ・エリン「パーティーの夜」早川書房『特別料理』収録
絶版なのも混じっていると思いますが、ご容赦を。

kazuouさん>
こんにちは。
たくさん、おすすめ頂きありがとうございます!
殆んど読んだことない作品ばかりです(^0^)
ハヤカワさんがやはり多いんですね?。
『アーサー王宮廷のヤンキー』は文字が小さくって
挫折したことが有ります(^^;)
再度チャレンジしたいと思います!

はじめまして
タイムトラベルの本100冊、素晴らしいですね。
是非今後の読書の参考にさせていただきます。
もしかしたらもうお読みになったことがあるかもしれませんが、おすすめのタイムトラベルものを一つご紹介させてください。
『タイムトラベラー2038年』
ハワード・J・ブルーメンタール, ブラッド・ウィリアムス, ドロシー・F・カーリー著
東京図書
2038年初版という設定のタイムトラベラー向けのガイドブックです。
過去や未来に旅をするときの諸注意、持参すべきもの、各種の見所等が懇切丁寧に解説されています。
ユーモアあふれる作品で面白いですよ。

keiさん>
はじめまして、いらっしゃいませ?
皆さまからイロイロおすすめ頂き100冊を達成しました。
感謝♪感謝♪の日々です。
『タイムトラベラー2038年』名前は聞いたことあるけど、未読です。
ゼヒ読みたいと思います。
「過去や未来に旅をするときの諸注意」
 ↑コレをテーマに記事を1本書こうと
思いましたがもう有るんですね(^^;)

こんにちは、ユキノさん。
上記の「ジェイミーの墓標」をクリックすると、別のサイトに飛んでしまいます。なにかの間違いでは?

ケントさん>
こんにちは?。
「ジェイミーの墓標」私のリンクミスです。
ごめんなさい(>_<)&ありがとうございます。
直したので、飛べると思います。

はじめまして。kazuouさんのリンクからやってまいりました、げしと申します。
とても楽しくて素晴らしいページですね。遅ればせながら私もおススメのタイムトラベルものをいくつか。
奥泉光「鳥類学者のファンタジア」(集英社文庫)
ボリュームのある作品ですが、自由奔放な文体に乗せられて、飽きることがありません。どこか暢気で楽観的な主人公も魅力的です。
岡崎二郎「時の添乗員」(小学館)
マンガから一本。「アフター0」などのSF短編マンガで定評のある著者の、「過去への旅立ち」をテーマにした連作短編集。この作品のいいところは、過去の真実を知ることが、未来へ前向きに歩き出すきっかけともなっているところでしょう。
内田庶「人類のあけぼの号」(鶴書房/絶版)
ジュブナイルから一本。「夏への扉」の影響が強い作品ですが、ミステリーとしても単純ですが意外なトリックが使われていて楽しめます。
眉村卓「名残の雪」(角川文庫「思い上がりの夏」収録/絶版)
NHK少年ドラマシリーズから一本。同シリーズ末期の傑作「幕末未来人」の原作です。ドラマもよいですが、原作はラストでの一ひねりがすばらしいです。
ロッド・サーリング「歩いていける距離」(文春文庫「ミステリー・ゾーン1」収録/絶版)
海外SFドラマから一本。日本のドラマにも多大な影響を与えた「ミステリー・ゾーン」(トワイライト・ゾーン)の代表作。主人公の姿は、そのまま現代を生きる私たちに重なり、読後、新たな生きる希望を与えてくれます。
長文および絶版ものばかりですみません。既読or紹介済みの場合もご容赦ください。
これからも更新を楽しみにしています。頑張ってください。
追記 あと、ウチのサイトとリンクさせていただいてもよろしいですか?

げしさん>
はじめまして(^_^)
たくさんオススメ頂き、ありがとうございます!
読んだことない本ばかりで、
本当に助かります♪
眉村卓のタイムトラベル物またあったんですね?
不勉強でした(^^;)
リンクの方も大歓迎です!

 僕は筒井マニアで卒論も筒井康隆でやったんですが、第二章で時間をテーマにした長篇『脱走と追跡のサンバ』やショートショート『チューリップ・チューリップ』、また本筋がタイムトラベルではないですが『万延元年のフットボール』(ちょっとグロいですが)、日蓮が現代にタイムスリップして創価学会の会合に参加する(創価学会は日蓮宗の一派なので)『末世法華経』(創価学会の歴史を知っていれば笑えます)、『時越半四郎』なんかがタイムトラベルとまではいえないもののもタイムスリップものですかね。
 僕の好きなトラベルものは海外では『夏への扉』国内では児童ものですがズッコケ三人組シリーズの『ズッコケ時間漂流記』『驚異のズッコケ大時震』とか大原まり子の『タイム・リーパー』なんかです。そういえば昔、『幕末高校生』っていうドラマがあってましたね(笑)。

A・T さん>
はじめまして?こんにちは。
卒論で筒井康隆さんとは!詳しそうですね。
筒井作品はまだまだ時間モノあるんだぁ。
情報うれしいです。
「幕末高校生」ってドラマもあるんですか。
映像の方も気になっているので探してみます!

はじめまして。 タイムトラベルに関する作品を取り上げておられるということで、私のお気に入りの作品を紹介させて下さい。
田代裕彦『シナオシ』富士見ミステリー文庫
ライトノベルという形で発売されたこともあってか、SFという形ではあまり話題に上っていない作品です。一応、『キリサキ』という作品の続編ということになっているのですが、それは気にしないで読むほうが楽しめると思います。私もこの『シナオシ』を先に読破しました。
 内容はといえばある事情から殺すべきでない人物を殺めてしまった主人公が、時間を遡り、別人の体に乗り移って自分自身の犯行を阻止しようとする――という、タイムトラベルを扱った作品としてはそれほど独創的とも思えない導入部なのですが、中盤以降からとてつもないどんでん返しがあり、絡み合った謎が一気に解けていくような結末からは圧倒されるほどのカタルシスが味わえます。
 私はこの手の作品に慣れていなかったので、全く予想外の展開でしたが、なかなか緻密な伏線が用意されており、あるいは、タイムパラドックスについて詳しい方なら、結末を予想できるかもしれません。
 そういう興味からも、お勧めしたいと思います。
では、長文失礼致しました。

みぎさん>
はじめまして!
おすすめ有り難うございます。
ライトノベルって見落としがちなのでスゴク助かります。
是非読みたいと思います♪

ユキノさんこんばんは。
ご無沙汰でした。
「あの夏に・・」もし読んだことがなければどうでしょうか?
買うことに夢中になり、だいぶ読んでいない時間テーマ本が溜まっています。
焦らず急がず、少しずつ読んで行きます。
ではまた

ケントさん>
TB&コメどうもです。
「あの夏に・・」も未読ですー。
読んでないタイムトラベル本が多いことに
驚きます。うれしいけど。。
次の目標200冊はいけそうです!

こんにちは、ユキノさん。
小説ではないのですが、梶尾真治の「タイムトラべル・ロマンス」というSF論的な本を読みました。もし読んでいなければご参考まで。

ケントさん>
いつもありがとうございます。
SF論ですか?梶尾真治なら難しくないかも。
探してみます!

とっくに読んでいるはずの本ですが…。
本のリストがわかりにくいので…。
ジェイムズ・P. ホーガン
「未来からのホットライン」

コウスケさん>
はじめまして。
リストが長すぎるかもしれませんね。
スミマセン
「未来からのホットライン」
は途中まで読んで挫折しました(^^;)
積読状態です。

 今日は、ユキノさん。
 タイムトラベルにまで進出してきました。
 皆さん読み込んでますねぇ。
 さて、ジャンル的にタイムトラべルに入るかというと疑問ですが、ミステリー、ファンタジー好きな方にはお奨めの本を2冊。
 ひとつはディクスン・カーの「火よ燃えろ」ロンドンの刑事が過去にタイムスリップしてしまいます。
 もう一冊は時間というより時空を越えてしまうお話。テリ―・ブルックスの「ランドオーヴァーシリーズ」解説は省略します、が、もしよろしかったら目を通してみてください。

アッコさん>
こんにちは?有り難うございます。
「火よ燃えろ」ですか。ミステリは盲点でした(^_^)
頑張って入手します。
テリ―・ブルックスは好きな作家で読んだ気がするのですが、、
ストーリィを忘れてしまいましたコチラも再読したいと思いますv

こんにちは、ユキノさん。
最近、石田衣良の『ブルータワー』を読みました。かなり分厚い本でした。まだ未読なら読んでみてください。レビューは僕のブログで見てください。

ケントさん>
どうもです。
順調に読まれているみたいでイイですね。
私の方は中々、感想をアップできません(^^;)

はじめまして。
ソノラマ文庫「猫の尻尾も借りてきて」(久米康之)をおすすめしたいです。
絶版で非常に入手しにくいのですがタイムトラベルものの佳作です。

あゆむさん>
はじめまして(^^)
「猫の尻尾も借りてきて」未読です。
猫スキとしてはタイトル気にいっちゃいました。
早速探してみます?

ユキノさん>
レスありがとうございます。ちょっと調べてみたら「猫の尻尾も…」本当に入手しにくい(Amazonで5000円くらい)らしいので残念です。タイムマシンがあったら10冊くらい買っておくのに。
緑背のソノラマ文庫です。

あゆむさん>
調べていただき、感謝です♪
今日、図書館にいきましたが無かったですー。
さすがに5000円は出せないので、古本屋で
探してみようと思います。

 はじめまして。
 Wカップの合間にブログを歩いているうちにこちらにたどり着きました。
 半村良の、「講談・碑夜十郎」をお勧めします。日本SFでは、「大江戸神仙伝」と並ぶ、タイムトラベルものの傑作です。他に半村良には「およね平吉時穴道行」などもあります。
 マンガでは久松文雄の「スーパージェッター」昭和40年代ですけど。なにしろ、原作を筒井康隆・半村良・豊田有恒・眉村卓らが書いてるんですよ。
 外国モノではA・マキャフリィ「パーンの竜騎士」第一作を含め、何度か過去に旅します。ハインラインでは「愛に時間を」のラザルス・ロングはどうでしょう?なにしろ4000年以上生きるのだし。広義のタイムトラベルでは?
 長くなってすみません。

よしだTさん>
はじめまして?。
いろいろオススメいただき有り難うございます♪
半村良、A・マキャフリィは好きな作家さんです。
探して、是非読みたいと思いますv
広義のタイムトラベルでは?>
タイムトラベルの定義って微妙なんですよね?
パラレルワールドのみの本はリストにアップしてません。
パラレルワールド+過去・未来に移動するはアップしています。
うちのブログ基準はあいまいです。

原田康子の『満月』を読了しました。とても切ないラブストーリーで、日本版『ニューヨークの恋人』ですね。映画も併せて観ましたが、小説には遠く及びませんでしたね。

ケントさん>
絶版本みたいですね?
残念です(^^;)

はじめまして。
導士様といっしょ、電撃文庫がたしか
タイムトラベルをしてたと思います。
読みやすかったです。

マミマミさん>
はじめまして。オススメ嬉しいです。
「導士様といっしょ」是非読みたいです!
電撃文庫ってことはラノベかなぁ
楽しみです。

はじめまして。
すばらしいブログですね。
私もタイムトラベルものは大好きなので、リストを参考にしつつ、読み進めていこうと思います!

猫まんまさん>
はじめまして(^_^)
タイムトラベルものは大好きってウレシイです。
見辛いリストですが参考になれば幸いです!
(このページコメントが100行きそうなので
作り直せないという裏事情もあります>_<)

はじめまして
このサイトはとても愛用させていただいています。
ところで私もみっつほど紹介します。
ひとつは白泉社 山口美由紀著 朝からピカピカに収録されている短編漫画で「宇宙船アルファルファ」。
偶然電話が未来とつながった。電話の相手(クラスメイトの女の子)が言うにはあなたは未来で今行方不明になってると言う、俺どうなっちゃうの!?ってお話。
もうひとつは 富士見ミステリー文庫 新井輝著の
「少女がくれた木曜日」。主人公は目覚めたら死んでいた。現れた死神?に3回チャンスをあげるので死んだ日をやし直して事件を回避してください、、というお話。
最後はGAME。
「Ever17」
名作です。ぜひやって欲しいGAMEです。
長いメールすみません。
これからも
このサイト参考にタイムトラベルもの読んでいきます。

カオルさん>
はじめまして(^_^)
コメント嬉しいです。
色々な作品をおすすめして頂いて感謝です。
是非、読みたいと思います!

またおじゃまします。
恐らくもうお読みになっているかと思いますが、検索でうまく見つからなかったので一応報告します。
というのも、先ほどバリントン・J・べイリーの『時間衝突』という作品を読み終えたのですが、かなりすごかったです。古きよきSFを読んだという感じでした。

 おひさしぶりです。
 たまにはコミックもどうでしょう?
 スーパージャンプ連載中、村上もとかの「JIN]です。単行本も数冊出てます(集英社、)
 現代の脳神経外科医が、幕末の江戸にタイムスリップし、そこで外科医としての能力を駆使し・・と、少し石川 英輔の「大江戸神仙伝」とカブりますがなかなか読ませます。
 ちょっと凄いのは、タイムスリップ物にはよくある「この人間の命を救うことで、歴史を変えたらどうしよう」という悩みをまったく持たないことです。
 そういえば、石川さんも・・・。
 昨晩、酒の肴に買った第3巻のけなげな咲を見て、すこし涙目になりかかりました。

猫まんまさん>
こんにちは?。有り難うございます♪
『時間衝突』はかなり前に買ったんですが
積読状態です(^^;)
すみません。ライトノベルが読みやすいので
そっちに浮気してました。
よしだTさん>
いつも有り難うございます。
「JIN」は1・2巻を読みました。
そう云われると、石川 英輔の話に似ていますね。
3巻が出ていたとは!早速読みたいと思います。

ごぶさたしております。
転居に伴い、HPのURLが変わりましたので、お手数ですがリンクURLの変更をお願いいたします。
新・海外ドラマ研究サイト HANDMADE
新URL→http://geshicchi.web.fc2.com/

げしさん>
お久しぶりです。お元気ですか?
リンクの方は貼りなおしました(^_^)
リストページのコメント100番目のキリ番は
げしさんでした?。
おめでとうございます!

お久しぶりです。
今日は二つほどご紹介をと思い、お邪魔させていただきます。
「英国アンティーク夢譚」/佐々木ひとみ 著
不思議なアンティークの数々に導かれて、一人の女性が旅の先々でちょっとしたタイムトラベル(?)
「バスタイム」/吉沢深雪 著
この方の猫のイラストはとてもキュートです!!
猫たちが優雅B.Tを楽しく紹介してくれます。  以上

ジャムさん>
こんにちは(^_^)
200冊が射程圏内に入ったので、いろいろなタイプの
タイムトラベル小説を探していました。
ありがとうございます!
早速、探してみたいと思います。

こんばんは。
ちょっと劇画チックな小説をみつけたのでご紹介します。
「タイムスリップ明治維新」鯨統一郎著。
女子高生が幕末にタイムスリップして、歴史の流れを歪めようとする陰謀と戦います、歴史を正しい流れに戻さないと主人公は現代に戻れない、明治維新は達成されるのか、主人公は現代に戻れるのか!と読ませます。
主人公が今時の高校生のまま、幕末に行ってしまったのがユニークです。
シリーズ物のようです。

nangokushirokuma66さん>
いつもありがとうございますm(__)m
女子高生がタイムスリップって面白そうですね。
シリーズものかぁ。
まとめて読みたいと思います。

お久しぶりです。お元気ですか?
現在京都にいます。
長期出張もあと僅か・・少々疲れ気味です。
さて、瀬名秀明氏の時間物の文庫本が新潮社から発売されました。タイトルは「八月の博物館」です。
先日GETしました。約600ページの長編です。
今、読んでいる最中です。ちょっと根性がいるかも。
まだ最初の段階ですが、なかなか面白そうです。
・・・小学生最後の夏休み。少年トオルは偶然に見つけた不思議な建物「THE MUSEM」で謎の美少女・美宇に出会う。あらゆる時代と場所へ、時空を超えて移動することが可能なこの建物の中で、過去のエジプトへ飛んだ二人。・・・
夏休み・少年・美少女とくれば、期待しないほうがおかしいかも。
読み終えたら、こちらのBlogでも紹介します。

t-nanaseさん>
お疲れ様です。いつも有り難うございます。
全国を飛び回ってるんですね?。
季節の変わり目なので風邪など引かないように
気をつけて下さい。
「八月の博物館」文庫になってるんですね♪
(文庫化情報を追加したいと思います)
前にハードカバーを読んだような?
良かったらTBして下さいませ。

失礼致しました。
ブックレビューに有りました。
読み終わってブログに感想を書くときにTBさせていただきますね。

t-nanaseさん>
毎度わかりにくいリストで
申し訳ないです(^^;)
ブックレビュー楽しみです。

今月出たばかりのアントニー・バウチャー『タイムマシンの殺人』(論創社)の表題作『タイムマシンの殺人』が、タイトル通りのタイムマシンものでした。
タイムマシンを使って完全犯罪のアリバイを作る…という、けっこう誰でも考えそうでやっていない荒技を真っ正面から使ってます。スラップスティック調で楽しい作品です。他にもいくつかタイムトラベルを扱った短篇も入っているので、オススメの作品集ですよ。

kazuouさん>
いつも有り難うございます!
タイムトラベル+推理って意外と難しいんですよね。
でもハマると上手い作品になったりして、印象深い小説が多いジャンルです。
ちょっと調べたら「ダーク・ファンタジー」なんですね楽しみです。
早速、捜して見ます(^_^)

はじめまして。
タイムトラベル物が好きで、偶然こちらのサイトにたどり着きました。
まだ読んだ事のない作品が沢山紹介されていて、嬉しいです。
これからの参考にさせて頂きたいと思います。
ありがとうございました。
私の知っている作品で、一つご紹介したいと思います。
「映画」なのですが、「フィラデルフィア・エクスペリメント」という作品があります。
ヒューマンドラマ・ラブストーリー・SFアドベンチャー・・・、いろいろな要素が詰まった、素敵な作品です。
長々と申し訳ありませんでした。

saotoさん>
はじめまして。こんにちは(^_^)/
>タイムトラベル物が好き
うれしいです♪また仲間がふえました。
>「フィラデルフィア・エクスペリメント」
有り難うございます。
いろいろな要素が入ってて面白そうです?
ビデオ屋さんで探してみますね。

ユキノさん200冊おめでとうございます。
時間小説で200冊 なかなかないと思いますし、素晴らしいです。
私も時間小説を読みたいです。

マミマミさん>
有り難うございます。嬉しいです(^_^)
おすすめ頂いた「導士様といっしょ」読みました。
読みやすかったです。
おかげさまで200を達成しました。

ユキノさんへ
何冊か面白いホンを教えていただきありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
今年最後に、タイムトラベルものを紹介しようと思い、石川英輔さんを検索してみました。
大江戸シリーズがユキノさんのリストでは?の神仙伝、?仙境録、?仙界記の3冊だけだったもので。
★そしたらタイヘンな事(個人的に)気づきました!
なんと今年2月に第7巻の「大江戸妖美伝」が出ていた!急いで探さねば。
それはさておき:http://www.geocities.jp/tooru_itou/newpage11.htm
という石川英輔ファンのサイトを見ていたら、昔の作品で「ポンコツタイムマシン騒動記」ほか、それらしいのが2・3ありました。チェックしてみてください。
ワタシは知りませんでしたが、石川さん、NHKの「コメディ・道中でござる」の最後に解説してるらしいです。
長文になりすみません。よいお年を。

よしだTさん>
いつもコメント有り難うございます。
大江戸シリーズってたくさん出てるんですね。
「ポンコツタイムマシン騒動記」と共に捜してみます。
石川さんNHKに出てるんだ知らなかっ!
来年もよろしくお願いします。

はじめまして
タイムトラベルもの大好きです!
そんなんで私も一冊ご紹介させていただきます。
「犬は勘定に入れません?あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎?」
コニー・ウィリス 著/ 大森望 訳
タイトルはへんだし、ながいし、意味わからないけれど、キーワードは猫と主教の鳥株!?
タイムトラベルができるようになった未来。ネッドはとあるご婦人の命令である花瓶の探索に過去のヴィクトリア朝へ。けれど、それは元の時間へも帰れなくなる、行方不明まで起こる奇妙な探索。すべては穏やかな休息のために・・・
*お試しください*

カホさん。はじめまして!
いささかマニアックなサイトにようこそ(^_^)
「犬は勘定に入れません」は川での旅と
時間酔いの設定が好きな作品です。
おかげさまでタイムトラベル本が200冊を超えたので
リストの方もとても見難くなっています。スミマセン(>_<)
今後ともよろしくお願いします♪

こんにちは。
前回は失礼いたしました。まだ見きれていないところがあって、お恥ずかしい・・・
さて、また新たな?本を!
「ストラヴァガンザ 仮面の都」メアリ・ホフマン著
乾侑美子 訳
ストラヴァガンザとは、時空をこえて、一つの世界からべつの世界へと旅することをいう。21世紀のロンドンの少年ルシアンは、ふとしたことで、時空をこえる術を身につけた。ストラヴァガンテとなったルシアンは、異次元の世界、16世紀のベレッツァへと旅立つ。大魔法使い、女公主、スパイ、マンドリエーレ…。ベレッツァで出会うふしぎな人たちとパラレルワールドの大冒険!
この三部作の最終巻が、最近発売されました。なんとな?く外国を旅してみたい気分になる作品です。
もし、この作品もご存知でしたら、スミマセン(><)

カホさん、いらっしゃいませ。
本当にリストが見辛くてすみませんm(__)m
おすすめ、嬉しいです♪
「ストラヴァガンザ」は未読です。
時間もの小説のストックが無くなりそうなので
すごく助かりました。有り難うございます。

ご来訪いただき、ありがとうございます
こちらは、タイムトラベルがメインということで……
A・E・ヴァン・ヴォークト
『イシャーの武器店』

新聞記者のマカリスターが
女帝イネルダの支配する未来世界にタイムスリップ
してしまうことが発端となる物語
現在、入手困難ですが
図書館を利用されているようですので
書庫にあったら、ぜひどうぞ

あまねさんだぁ♪こんにちは!
遊びにきて頂いて嬉しいです。
『イシャーの武器店』、おすすめ有り難うございます。
さっそく捜してみます。

こんばんわ。最近読んだ本で、タイムトラベル的要素のある小説があったので報告しておきます。
スティーヴ・オルテンの『蛇神降臨記』『邪神創世記』です。
まあ、実際タイムトラベルとはちょっと違うのですが、「恐竜を滅ぼしたとされる隕石は、実は宇宙船が墜落したのだ!」というようなところはらはじまる壮大な話です。
小説のでき自体は、そこそこ、という感じですが、気が向いたら読んであげてください。

猫まんまさん。いつも有り難うございます。
スティーヴ・オルテンは初めてです。
早速、探してみます。
SFものみたいなので楽しみです(^_^)

久しぶりにお邪魔しました。こうしてみると壮観ですね。わたしもそこそこ読んでるはずなんですが。あ、そうだ。「蟻に習いて」はご存じですか?20世紀半ばの世界から、男性がいなくなった未来社会に飛ばされた女性の物語なのですが・・・・・

こんにちは?
「蟻に習いて」は未読です。
情報有り難うございます!
>未来社会に飛ばされた
過去に行くストーリィは多いのですが未来へは
少ないんですよ。嬉しいです。
早速、さがしてみます?。

初めまして。そしてお邪魔します。
「タイムマシン」で検索中に辿り着きました。
不躾な質問で恐縮なのですが、映画「プライマー」のように何かの実験中、偶然タイムマシンを作ってしまったという描写のある小説って何かご存じないでしょうか?
リアリティがあればある程有り難いのですが。
因みに「プライマー」を御存じなのかわからないので注釈を加えておくとタイムパラドックスの問題に真面目に取り組んでいる作品で、何やら超伝導の実験中に作ってしまった設定らしいです。

はじめまして。
偶然にタイムマシンができてしまった小説ですよね。
「タイムライン」はどうでしょう?
時空間転送装置“3Dファックスマシン”は
はじめは転送装置につもりで作ったような気がします。
「タイムマシンの殺人」、「時間を征服した男」も偶然出来たタイムマシン。
あとは「時間砲計画」がクロノ粒子を研究中に。。
「過ぎ去りし日々の光」はワーカムを使って過去や未来が
みえる装置。厳密に言うとタイムマシンじゃないかもしれません。
細部に自信ないのです(TT)よろしくお願いします。

早急のご返答、本当にありがとうございました。
早速読んでみたいと思います。

微妙な情報ですみません(^^;)
頑張って読んでくださいませ。

リリトレ以来です!お久し振りです。
たくさん読んでるんですね・・・。すごい!
オススメの本紹介して下さい。頑張って読んでみます!

こんにちは!
「リリトレ」では盛り上がりましたね?♪
時間モノでおすすめは読みやすい(ラノベ)の
「シナオシ」田代裕彦、「憐シリーズ」水口敬文、
「涼宮ハルヒシリーズ」谷川流などがいいかなぁと思います。
お時間のある時にドウゾ。

せっかくオススメして頂いたのに、お返事が遅くなり、スイマセン。?「涼宮ハルヒシリーズ」谷川流?は読んだことあります。面白いですよねぇ。だからこの間、発売予定日延長になったときとても悲しかったです。
?「シナオシ」田代裕彦? ?「憐シリーズ」水口敬文?
どんな話か教えて下さい。時間がある時読んでみます!!

こんにちは?。
お越しいただきうれしいです!
一応、わたしのヘボな感想が下記です。
参考になればイイのですが。。
「シナオシ」の感想
http://time.diji.boy.jp/?eid=453932
「憐シリーズ」の感想、4冊有ります
http://time.diji.boy.jp/?search=%CE%F9
あと、他にはエマノンシリーズも読みやすいです。
http://time.diji.boy.jp/?eid=413007
(厳密にはタイムトラベルじゃないのですが。。時をさまよう物語です)

ありがとうございました。検索してみたところ、「シナオシ」が1番気に入りました。「キリサキ」も面白そうですね。今度、本屋で探してみます。本当にありがとうございました!

お久し振りです♪miiです。それにしても、すごい量ですね?(読んでいる本の数が)私はまだまだです(>?<)
ここには乗っていないようなのですが、Gothicを知っていますか?タイムトラベルとはちょっと違う気がしますが、ミステリー系で、すごく面白いです。

すいません。GOSICKの間違いでした。

bulletさん>
参考になって良かったです(^_^)
「シナオシ」はもろラノベで読みやすかったです。
お時間が有った読んでみてください。
miiさん>
いらっしゃいませ♪
GOSICK、未読です。
桜庭 一樹さんは「ブルースカイ」しか読んだことがないのです。
早速さがしてみます。ありがとうございます。

はじめまして。おもしろそうなSFを探していました。こちらのサイトを参考にさせていただきます。
長野まゆみさんの「テレヴィジョン・シティ」はいかがでしょうか?長編作品です。 未来都市の空間がとても幻想的に浮かんできます。一番好きな作品です。
未読でしたら、是非読んでみてください。

はじめまして。
「テレヴィジョン・シティ」、未読です。
早速、探してみます。
長野さんは好きな作家サンなので楽しみです♪

はじめまして、こんばんは。タイムトラベル好きのりょうと申します。
何か面白い本はないかのうと探していましたら、こちらのサイトに偶然たどり着きました。どうぞよろしくお願いいたします(^.^)
突然ですが私、タイムトラベル物の小説を執筆しようと思いまして、今構想中なのですが、どうにもいいアイディアが浮かびません。
そこで質問をさせていただきたいのですが、タイムトラベルによって起こる世界規模の事故と言うか、災害的なものを扱っている小説って、ありますか?ブラッドベリの「雷のような音」は読んだのですが、ほかには…?と思いまして。
なんか意味不明な質問ですが、答えていただければ幸いです。

はじめまして。
>タイムトラベルによって起こる世界規模の事故
うーん。すぐには思いつかないです。
歴史改変されると未来が(予定調和)つじつまを
合わせてしまうのが多かったので(^_^;)
〔映画〕サウンドオブサンダーを思い出しましたが、、そもそも「雷のような音」が
原作でしたね?。
お役に立てなくてスミマセン(TT)

返答、ありがとうございます!<(_ _)>
やっぱり「未来の(未来への)つじつま合わせ」という話が多いですよね…
事故や災害のたぐいの話は万人受けしないのでしょうか?
いや「雷のような音」はすばらしい作品ですが。。
いまさらですが、上↑の小説リスト、すごいです!!
とりあえずいろんな作品に触れてみたいので、これを参考にブッ○オフなどで買い漁りたいと思います。
ではでは、これからもお邪魔させていただくので、よろしくお願いいたします(^^)v

こんにちは?。
事故や災害と時間モノの組み合わせは難しそうですね。
映画だとよくあるテーマなんですが。。
めげずに創作頑張って下さい!
>上↑の小説リスト
ほとんどが教えていただいた本です。
その意味でも立ち寄ってくれた皆さんに感謝しています(^_^)
また、遊びにきてくださいませ。

はじめまして。タイムトラベルものの「小説」としてくくると邪道なのですが,映画「バブルへGO!!」の脚本がノベライズされてハルキ文庫から出版されていますよね。私は,映画を見ないで,こちらの文庫本を購入したのですが,なかなか楽しめましたよ。映画も見に行ってもよかったかな…。

こんにちは。
情報ありがとうございます(^_^)
「バブルへGO!!」の映画版は見たんですが。
文庫はまだよんでいません。
機会があったらGETしたいと思います!

こんにちは!お久しぶりです、bulletです。カレとカノジョと召喚魔法シリーズ知ってますか?上月司さん著者です。厳密にはラノべではないけど、魔法がバンバン!で、おもしろいですよ。

またもやすみません。とある魔術の禁書目録知ってますか?こちらはラノベなよーなそうでないよーな・・・。

こんにちは。
「カレとカノジョと召喚魔法シリーズ」「とある魔術の禁書目録」
両方とも有名なんですね?
未読です(>_<;)
魔法に関係ある本は大好きなので
ゼヒ読ませていただきます。
有り難うございます!

ユキノさん、はじめまして。
昨年から参考にさせていただいております。
私は遅読で多くの作品は読めないのでハズレを選んでしまうと落ち込みが激しく、このような紹介サイトは本当に助かります。
ありがとうございます。
そんな私からですが、数年前に時間をテーマにした作品でちょっと面白い視点のものがあったのでお礼のつもりでお知らせします。
『15秒』安東 能明 (著) です。
SFと言うのとは違うのですが、これは私の現実の世界でも起こりうる時間移動が書かれています。
人物描写が弱い気がして小説として絶対のお薦めとまでは言えないのですが、この発想には驚きました。
既読・既出でしたらごめんなさい。
これからもよろしくお願いします。  ハム

はじめまして(^_^)
コメントいただき嬉しいです。
>『15秒』安東 能明
おすすめ有り難うございます。
まだ読んでいない作品でした♪
早速、探して読みます!
今後ともよろしくお願い致しますm(__)m

こんにちは。miiです。そしてお久しぶりです。
ユキノさんも知ってると思うんですけど、アリソンシリーズアニメ化されましたよね!!公式サイトあるんでぜひ見てください。少なくとも黒星さんの絵とはだいぶ違うみたいです・・・。感想お願いします!

ありがとうございます。
早速、公式サイト見にいきますね?。
BS入っていないので録画してもらうか
レンタルするか。。放送が気になります!

『時砂の王』小川一水(著)は如何でしょう?
別の未来の為に、という時間SFです。

コメントありがとうございます。
このblogが分かりにくくてスミマセン(^_^;)
上のリストをやめた後で『時砂の王』を読みました。
小川一水さんは好きな作家さんなのでおすすめ嬉しいです。

お勧めの本を見つけました。
松尾由美さんの「九月の恋と出会うまで」です。
題名だけみると、単なる恋愛小説かと勘違いしていまいがちですが、
実は、正統派時間もの&ミステリの小説になっています。
ある女性が引越し先の部屋のクーラー用の穴を通して、
未来の男性と会話するという「イルマーレ」的な出だしから、
一気に読ませます。
未読でしたら、是非どうぞ。

いつも有り難うございます。
おすすめ本、助かります。
未読なので早速GETしたいと思います。
>「イルマーレ」的
イルマーレは好きなので嬉しいです。

SFミステリをひとつお勧めします。
☆井上夢人「ダレカガナカニイル」講談社文庫
700ページ近い長編ですが、読みやすい文章とよくできたプロットで一気に読ませます。
前代未聞の結末には驚かされました。
あと、もうひとつ、お勧めとはいきませんが、ご紹介ということで。
☆黒武洋「パンドラの火花」
ある未来、死刑が廃止され、死刑囚は付き添いのタイムパトロール員と
タイムマシンで過去に行き、殺人事件を起こさないように若い頃の自分を
説得するチャンスを与えられます。
そこで、3人の死刑囚は、それぞれ、努力するのだが…という話です。
こちらは、設定は凄く面白かったのですが、最後がちょっと物足りなかった感じでした。

いつも有り難うございますm(__)m
前にオススメ頂いた「九月の恋と出会うまで」も
すごく良かったです。
SFミステリはウレシイなぁ、あまりないジャンルなので
楽しみです。
「パンドラの火花」も設定がおもしろそう、読んだ事のない
パターンなのですごく気になります。
両方とも未読なので探してみます!!

こんばんは。
読んだことのあるタイムトラベルがらみの作品は大方既読のようですが、半村良の『産霊山秘録』はどうでしょう?超能力を持った一族が活躍する伝奇SFで、タイムトラベルも出てくる読み応えのある作品です。
また、歴史上の人物が多く出てくる『神の血脈』と続編の『鎌倉繚乱』が大好きです。

おすすめ、ありがとうございます(^^)
タイムトラベルで伝奇SF!
とても興味があります。
「産霊山秘録」は未読ですし、頑張って探したいと思います。

井上夢人さんの「ダレカガナカニイル」を捜すのでしたら、
こちらもSFミステリですので合わせてどうぞ。
☆井上夢人「クリスマスの4人」光文社文庫
つい最近読んだのですが、ちょっと無茶なところはあるものの、
全体的には、よくできてるなと思いました。

ありがとうございます!
井上夢人さんは気になっていたものの
まだ2冊ぐらいしか読んでいません。
おすすめ頂いて助かります(^_^)

時間SFでのおすすめです。
どちらも今年刊行となります。
◇香納諒一『ステップ』 
主人公巻きこまれ型のハードボイルド・サスペンスですが、
これに何度も時間を繰り返す時間ループを組み合わせたのは珍しいと思います。
主人公が死んだ時点で過去の時点に戻るんだけど、死ぬ時点と戻る時点の間隔が
どんどん短くなるのが、通常のループものとは違うところですね。
生き返るたびに、少しづつ謎が解けていくので、先を知りたくて、一気に読んでしまいました。
◇垣谷美雨『リセット』
現状に悩みを持った中・高の同級生の女性3人(47歳)がふとしたことで、
30年前の17歳の自分に意識が戻り、それぞれ以前の人生での不満点を解消できるように、
理想の人生を歩もうとするが…という話。
映画版「未来の想い出」では2人同時に過去に意識が戻るけど、3人同時というのは
他にないかもしれない。
女の人の本音が書いてあって、なるほどそう考えてるのかと感じいってしまいました。
最後は、前向きな形で終わるので、読後感は良かったです。

いつも有難うございますm(__)m
『ステップ』も『リセット』も未読です。
早速、探してみようと思います。
しょーすけさんにいろいろ教えていただいて
気が付いたんですが
国内のタイムトラベル(時間もの)本って
意外と多いんですね?

どうも日本人は時間ものが好きな民族みたいです。
ゲーム(時間ループ型が多い)にもいっぱいありますし、
最近流行りの携帯小説でも結構テーマに取り扱っています。
ミステリメインの東野圭吾さんや宮部みゆきさんも書いていますし、
受け入れる土壌があるので、SF・FT小説家でなくても、
一度は書きたくなる題材なのでしょうね。

しょーすけさんを始めとして、色々な方に
タイムトラベル本を教えていただかなければ
気がつかなかったと思います。
ありがとうございます(^_^)
>受け入れる土壌があるので
これが一番納得できます。
そういえばミステリ作家もラノベの作家さんも
書いていますね。

未読のものもありますが、ここで挙げられていない(と思われる)
時間もの小説を紹介します。
時間もの捜索の一助になればと思います。
【長編】
池井戸 潤 『BT'63(上・下)』講談社文庫
井沢 元彦 『猿丸幻視行』講談社文庫
奥泉 光  『鳥類学者のファンタジア』集英社文庫
奥泉 光  『モーダルな事象』文春文庫
加納一朗  『タイムマシン殺人事件』ソノラマ文庫
加納一朗  『凸凹タイムライダー』ソノラマ文庫
南條範夫  『わが恋せし淀君』角川文庫、時代小説文庫
安田 賢司 『トゥデイ―すべてが壊れる午前零時』新風舎単行本
ジャック ウォマック 『テラプレーン』ハヤカワ文庫SF
【短編】
清水義範  『イエスタデイ(短編:タイムトンネルだよピーナッツ、時間線下り列車』講談社文庫、徳間文庫
清水義範  『黄昏のカーニバル(短編:21人いる)』講談社文庫、徳間文庫
朱川湊人  『都市伝説セピア(短編:昨日公園)』文春文庫
恒川光太郎 『秋の牢獄(短編:秋の牢獄)』角川単行本
火浦功   『たたかう天気予報(短編:不安定なまゆみ、RADIO SUMMER)』角川文庫
有栖川有栖他著 『不透明な殺人(短編:スノウ・バレンタイン)』祥伝社文庫
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア 『故郷から10000光年(短編:故郷へ歩いた男)』ハヤカワ文庫SF

いつもありがとうございます。
>時間もの小説
今回はさらに大量におすすめ頂き助かります。
(時間モノのストックが無くなってきたので...。)
ティプトリー・ジュニアも時間もの有るんですね
楽しみです。
日本の作家さんもたくさんで嬉しいです(^0^)

上にしょーすけ様も記載されておりますし、自分も別の場所(マイナスゼロ復刻)にも書いてしまいましたが、奥泉光作品は時間軸がゆがみまくりです(^^;
とくに「鳥類学者のファンタジア」はオススメです。国内最高峰の時間移動モノと思っています。

こんにちは!
おすすめ有り難うございます。
奥泉光さんは何冊か時間もの書かれてるんですよね。
>国内最高峰の時間移動モノ
そこまでPUSHされたら読まねば。
がんばります(^^)

はじめまして
こんなにタイムトラベルファンがいらっしゃるなんて 嬉しいです。
 
私のお奨めは
清水義範著 「イマジン」です。
主人公の青年が、過去にタイムスリップして、若き日の彼の父親に会い、共に12月8日の悲劇からジョン・レノンを救い出そうとする二人。
とても読みやすいです。
あと、もしご存知でしたら教えて欲しいのですが、高畑京一郎のタイムリープに出てくる一説なんですが、
「猫が扉を探す、タイムトラベル物の作品」というのをさがしています。
よろしくお願いします。

はじめまして。
タイムトラベルの本って面白いです(^^)
このリストには載っていないと思いますが
「イマジン」は読みました。清水さんは好きな作家になりました。
分かりにくいリストで申し訳ないです。
>「猫が扉を探す、タイムトラベル物の作品」
ハインライン「夏への扉」ですね。
うちのブログでも紹介しているので良かったら
上記のURLを見てみてください。

早速のご回答ありがとうございました。
長らく気になっていましたので、すっきりしました。
次に是非読んでみたいと思います。
今は、ここで見させてもらって、図書館にあったので、池井戸 潤 『BT'63』を読んでいる所です。
長編好きなので、読み応えがありますね。どんなラストがまっているか楽しみです。
今後も参考にさせていただきますので、宜しくお願いします。

「夏への扉」はすごくオススメです!
気弱な主人公が大逆転するラストに拍手でした(^^)
今後ともよろしくお願いします。

ユキノさん、はじめまして。
 
連合艦隊ついに勝つ―ミッドウエー海戦からレイテ海戦まで (角川文庫)
高木 彬光 (著)
あの推理作家の大御所、高木彬光が書いた架空戦記のはしりともいえる作品です。
SF小説かどうかは微妙です。タイムマシンは登場しませんが、タイムスリップはします。さて、どんな方法で時間移動するのでしょうか。それは読んでからのお楽しみということで(笑)

はじめまして。
おすすめ有り難うございます。
「連合艦隊ついに勝つ」はまだ読んでいません。
タイムスリップ有りなんですね楽しみです♪

初めまして、ユキノ様
タイムトラベル物の好きなオジサンです。
大好きな小説を、人に勧めて還って来ず、「夏への扉」や「マイナス・ゼロ」は何度か買い直しました。
今までに読んだタイムトラベル物のリストでも作ろうかと思っていた矢先に、このブログを知りました。
矢張り時間もの好きな人多いですね。
今度、リストに載っていない、入手可能な作品があったらお勧めします。自分で買ってネ(笑)
30年位前に、少女漫画で「フランチェスカの白い庭」と云う小品が記憶に残っているけど、もう読めないだろうナァ・・。

はじめまして。
マニアックな趣味かと思っていましたが
いろいろな人に
タイムトラベル物をおすすめ頂いて助かっています。
おすすめ本が有りましたらよろしくお願い致しますm(__)m

おばんです。
隠し玉で「トムは真夜中・・」を勧めようとしていましたが、既に読まれていたようですネ。でも、ラストが良かったですよネ!
佐藤正午の「Y」、「アンダー・リポート」なんざァいかがですか?

おすすめ有り難うございます。
>「アンダー・リポート」
未読なので早速探してみます。
「Y」は読んじゃってるんですよー。
佐藤正午さんは久しぶりなので楽しみです。

はじめまして。  
リスト参考にさせていただきます。
電撃文庫の壁井ユカコ著『クロノ×セクス×コンプレックス』読まれました?
作中に呪文のモチーフとして「夏への扉」、「時をかける少女」が出てきます。

はじめまして。
『クロノ×セクス×コンプレックス』は12月に読みました。
2巻が出るそうなので楽しみです。
>呪文のモチーフとして「夏への扉」、「時をかける少女」
気がつきませんでした。
早速、再読してみます!ありがとうございますm(__)m
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。