時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「2010年宇宙の旅」 クラーク

2010年宇宙の旅
アーサー・C・ クラーク
2010年ロシアの宇宙船レオーノフ号にロシア人と
アメリカ人が搭乗し
木星から帰ってこなかった宇宙船
ディスカバリー号を回収&調査する旅に出発した。
木星に存在するモノリスの役割とは?
HAL9000は回収できるのか?
いろいろなが明らかになる。
傑作「2001年宇宙の旅」の続編です。
2010年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)
「2010年宇宙の旅」はあゆむさんからおすすめ頂きました。
いつも有り難うございます。
この本を読むために最近「2001年宇宙の旅」を読みました(^_^)

読んでいて一番おどろいたのは、ロシアとアメリカが
協力して宇宙の出るというところ。。
クラークさんて柔軟な脳みそだなーと感心しました。

で、主人公はフロイド博士なんですがボーマン船長に引き続き
物語が進むにつれ幸うすくなっていくのが可哀相でした。
協調性も決断力もありロシア人とも仲良くできるんだけど[:ポロリ:]

そしてHAL9000も再登場
HALと生みの親、チャンドラ博士のやりとりは
名シーンです。
前のことがあってHALを嫌いになりかけていたんですが
博士との愛情、仕事にていする責任感&孤独感
人間ポイところも描かれていたのでそのあたりが面白かったです。
(ちなみにSAL9000も登場します)

中国の宇宙船とのデットヒートやモノリスの役割
意表をつく内容だったのでこちらも印象的です。
ボーマン船長の再登場はちょっとアレな雰因気でしたが
ラスト近くで感動にかわりやられました。
船長もいい奴だったんですね。

人気ブログランキング(本・読書)

2010年宇宙の旅〔新版〕 (ハヤカワ文庫 SF) (文庫) (ハヤカワ文庫SF)
↑新装版
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説 海外作家_アーサー・C・クラーク

 

コメント

非公開コメント

>あゆむさん
えーと、半年も前におすすめ頂いたのを
今読んでいます(^_^;)
遅くなって申し訳ないです。。
映画「2010」>
有るんですね?見たことないです。
これはゼヒ見なければ!
>たぬきさん
読まれてるんですね?。しかも中学生の時ですか。
モノリス増殖>
これは私もこわかったです。
映像化されたらどうなるのか気になるなー。
(こわいもの見たさが先立ちます)
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。