時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダブル・スター」ハインライン

ダブル・スター-DOUBLE STAR-
ロバート・A・ハインライン
今は売れていない役者、自称・偉大なるロレンゾは
酒場で知り合った、気のいい船長から
とんでもない依頼を受けた。
行方知れずの大物政治家の替え玉として演技を
して欲しいというのだ、命の危険を感じたロレンゾだったが
ライバルの名を出されて衝動的に承知してしまう。
第一幕は火星、火星人との式典があり絶対外せない
一世一代の演技で観客を魅了できるのか?
ドキドキ、ハラハラある意味 大冒険のSF小説です
ダブル・スター (創元SF文庫)
ヒューゴー賞受賞作。「太陽帝国の危機」から改題
新しいタイトル「ダブルスター」の方がいいと思います。

実は政治が関わる話は好きではないです。
しかし、この本はすごく良かったです。
政治物語じゃなく役者モノとしてか、スパイっぽい作品として
読んでもらうと楽しめるかもしれません。
いつバレてしまうのかとドキドキ、ハラハラしましたが
そこがまた良かったのではないかと、読後思いました。

ロレンゾは役になりきるタイプ(ガラスの仮面[:グッド:]みたいに)
どこまでいってもその人の個性が消えない役者さんより
色々な人になるきる、顔さえも違って見える役者さんの方が
好きなのでなりきりタイプのロレンゾは素晴らしいと思います。
意外と勉強熱心で寝ることお忘れ政治家・ボンフォートの
特徴をつかもうと力を入れます。

特に好きなシーンは
太陽系帝国皇帝と謁見したときに、別人とバレてしまうのですが
実は皇帝が役者としてのロレンゾのファン
何度も彼のビデオ(記録媒体)をすり切れるほど見ているとのこと
ここはロレンゾも嬉しそうでした。(私も嬉しくなりました)

順調かと思いきや、スタッフの中にも協力的でない
(報道担当官)ヤツが出てくる。
どうやらリーダーが居ないので、自分がロレンゾを
操ろうとしている節があるのです。(影の支配者を狙っているのか?)
このピンチもドキドキでした。
前半の火星人が嫌いなのに、火星の式典に出なければ
ならないところも盛り上がったシーンのひとつです(^_^)

もっと早くに読んでいれば良かったなぁと思わせる本でした。

タイトルが詩的でいて、何重もの意味をもたせる
上手い付け方なので内容で星4つ、タイトルで星1つの
合計5つにしました。
おすすめ度★★★★★

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 海外小説 SF小説 海外作家_ロバート・A・ハインライン

 

コメント

非公開コメント

昔読んだはずですが・・・・記憶がおぼろげであります。
「デーブ」という映画がこの作品にちょっと似ていましたね。爽やか人情コメディでしたが。

この本は有名みたいですね?
勉強不足(知識不足?)でした。
>「デーブ」という映画ががこの作品にちょっと似ていましたね。
それは見てみたいです。
レンタルビデオ屋さんであるとイイな。

「デーブ」よかったですよ。主演俳優もいいのですが、シガニー・ウィーバー演じるヒロインが可愛くてね。・・・・・信じられないでしょうけど、ほんとに可愛いんです。

シガニー・ウィーバーは好きな役者さんです。
>可愛くてね。
ちょと想像できないですね?カワイイ彼女は。。
楽しみになってきました。

「デーブ」ですが、実は、シュワちゃんもカメオ出演しています。
観ての楽しみですね。
私も昔観て、いい映画だなぁと思いました。
「デーブ」に似ているということで、逆に、
『ダブル・スター』を読みたくなりました。

シュワちゃんも出演してるんですね。
彼も好きです(^_^)
結構、有名な役者さんが出ているんですね?。
>『ダブル・スター』を読みたくなりました。
私的には大プッシュです。セヒ!
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。