時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「中継ステーション」D・シマック

中継ステーション
クリフォード・D・シマック
アメリカ、ウィスコンシン州の山奥に住む男性は
見た目は30歳に見えるが記録上では124歳となっている。
仲のいい友人は定期的に訪れる郵便配達員だけ
彼が年を取らないことに気が付いたアメリカ情報部
イノックを監視すことにした。
情報部の予想と違い、イノックの住む山小屋は銀河系の星星をつなぐ
中継ステーションだった。ヒューゴー賞受賞作品。
中継ステーション 中継ステーション (ハヤカワ文庫 SF 265)
出だしでは、ファンタジー?もしかして時間もの?
かと思いましたが、立派なSF小説でした。しかも良質の!

百二十歳のイノックが年をとらないカラクリは、
宇宙人と交流している事の恩恵だと思われますが
異星人の技術なのか?中継ステーションの中で、時間が過ぎないからなのか?
ハッキリした表現がなかったのが残念です(>_<)

対外的には隠遁生活をおくっていたイノックに事件が起こります。
それは彼を監視していた情報部の人間がウェガ人(異星人)の死体を
墓をあばいて持っていってしまったこと!
このおかげで、ステーションが無くなってしまう、しいては
銀河連合に加入するというイノックの密かなも消えてしまう
ことになってしまったのです。

ステーションでの異星人の訪れや地球とは違った生活
意外にホノボノしていて刺激もありステーションの管理人もイイなぁ
と思わせる描写でした。人間と会えないのが辛そうだけど。。
実際にイノックもやっぱり人間に会いたい欲求があり
地球上ではただ一人の親友、郵便屋さんの訪れをまつ生活です。

事件があったり友情、大どんでん返しとすごーく良かったけど、
最後のメアリとの決別
なくってもよかったような気がします。
あれでラストが殺伐としたような気がするのです(TT)
なので楽しかったけど、星4つとしました。
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本・読書)


関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説 海外作家_クリフォード・D・シマック

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。