時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハローサマー、グッドバイ」マイクル・コーニイ

ハローサマー、グッドバイ
マイクル・コーニイ(コニイ)
首都から父親の仕事をかねて、港町パラークシに
今年もやって来たドローウ。
父は役人で実はある使命を帯びてパラークシに
やってきたのだった。
戦争の影が、首都から離れたこの街にも忍び寄ってくる。
少年が一夏で身分差別や戦争、大人の理屈などを
イロイロ体験し、否応なしに
大人になってしまう成長物語でもあります。
コメント欄にラストについてのネタバレあります
ハローサマー、グッドバイ (河出文庫 コ 4-1)
設定はSFだし表紙も青で面白いんだけど、
イメージカラーはなぜかセピア色やグレー。。
読んでいる間中、脳内映像は色なしでした。

舞台は異星人の住む惑星、ヒューマノイド型の異星人がおり
考え方も人間のような感情を持っている。
夏には粘流(グルーム)という現象があり、冬は極寒の地獄のような地
感応力を持つロリンや凍らせて人を襲う氷魔(アイスデビル)などもいる。

設定はSFなんだけど、読んでいると身分違いの恋
宿屋の娘ブラウンアイズと政府高官の息子ドローヴの
淡い恋が微笑ましい。(はじめのころはだけど[:汗:])

ブラウンアイズとドローヴ、リボン、ウルフが
子供らしく探検をはじめたことでイロイロな事を
見聞きしてしまい、戦争の裏にある真相
暴いていってしまう(^_^;)

主人公ドローヴは思春期らしく父親に反抗的だし
(あの親ならしょうがないけど。。)
ブラウンアイズもリボンもどんどん変わっていってしまって
感情移入はできませんでした。
子供のドローウにも丁寧に惑星の謎
教えてくれる高官メストラーは意外といいヤツだったのに
終わり方がかわいそうだった。

ラストは怒涛の謎の解明、避暑にやってきたはずの
父親が忙しく働く訳、幼い子供の死、戦争の裏側など
思わぬ展開となりました。
この惑星に何か有るとしたらロリンがキーだと思っていたんだけど
特に説明もなく終わってしまいました。(勘違いだったらしいTT)

最後にドローヴはどうなってしまったのか?
もっとハッキリ書いて欲しかったです。

 続編は「I Remember Pallahaxi」数十世代後の話でドローヴと
ブラウンアイズは直接出てこないそうです。
(間接的にでるのか??)ラストが分からなかったのでゼヒ読みたいです。
I Remember Pallahaxi 思い出のパラクーシ

おすすめ度★★★
人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説

 

コメント

非公開コメント

わたしも読みました?。
すべてが分かっちゃったうえでの
さらなるどんでん返し。
父上は、かわいそうな人だったなぁ、と。
続編、翻訳されるといいですね。

こんにちは?。
>さらなるどんでん返し。
これにはヤラレました、上手いですよね。
>父上は、かわいそうな人
ドローウの両親って、なんか子供への愛が足りない
気がします。時代の犠牲者なのかラストは哀れでした(^^;)
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。