時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黄昏の岸暁の天」小野不由美

黄昏の岸暁の天-十二国記
小野不由美
戴国の王はを治めるため出兵した。
そのスキを突いて謀反が起こり、幼い泰麒(タイキ)が姿を消した。
戴国の将軍・李斎は泰麒と同じ日本出身の景王陽子の
助力を求めるために海を渡った。。
慶国も乱を平定したばかりで、まだ国は揺れうごいていた。
そんな中でも、陽子を中心に6ヶ国の王と麒麟が協力
蓬莱(日本)に行ってしまったと思われる
泰麒の捜索が始まった!
黄昏の岸 暁の天―十二国記 (講談社文庫)
泰麒も陽子も大好きなので、この話はとてもお得な気がします♪
特に李斎の回想で、小さい頃の泰麒が何度か登場するので
その点が嬉しいです。子供の時の泰麒はとてもかわいらしく
一生懸命だったので目が離せないんですよ?。

側近の反逆のより、王も麒麟もいなくなってしまった戴国。
だれが味方で、誰が敵なのか?
泰麒のじいや正頼が大好きなので彼は味方でいて欲しいなぁ。
あと、泰麒のお気に入りは死んでいて欲しくないです。
この巻を読んでも、誰が死んでいるのか(生きているのか)が分からず悲しいです。
驍宗の部下にも残念だけどスパイがいたんでしょうね?。

一方、国が大変なのにもかかわらず、李斎に肩入れする陽子
でもそれには大いなる理由があった。
彼女も徐々に成長しています(延王にガツンと言っちゃうしネ)
「この借りは後々、必ず返させていただきます」
「いつの話だ」
「それれは勿論、延王が斃(たお)れたときに。<以下略>」

↑この会話が好きです(^_^)
あと、「喧しい。それより、お前の飼い主を呼んでこい」
も笑えました。

この後の、慶国も書いて欲しいな。
たいへんな道のりだけど陽子はやり遂げるのだろうと思う
その雄姿を書いて貰いたいです。

驍宗が何年も登場しない、その謎が知りたいです。
やはり捕まってしまったのか?それとも記憶喪失なのか?
生きていることは確実なので何とか復活してくれたら嬉しいです。

大人になった泰麒はもはや可愛くはないけど
頼りになる男に育ったのでやっぱりその後が読みたいです。
できれば驍宗を助け、長生きして欲しいですね。
次は、もっと希望のある展開になるとイイですね。
おすすめ度★★★★★

人気ブログランキング(本・読書)
黄昏の岸 暁の天(そら)〈上〉―十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート

関連記事

tag : 読書 ファンタジー小説 国内作家_小野不由美

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。