FC2ブログ
時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

「黄泉がえり」梶尾真治

黄泉がえり
梶尾真治
ありえないことが熊本で起きた。
死んだはずの人間が死んだ当事の姿で
家に帰ってくる不思議な現象が広がった。
この”黄泉がえり(蘇えり)”に喜びながらも混乱する人々
事故で死んだ夫が、海で死んだ兄が、一度も会った
ことのない祖父が生きかえってきた・・・・・・。
騒ぎは人気歌手マーチンの復活で頂点に!
映画にもなったホラーSFストーリィ。
少しねたばれあります。)
黄泉がえり (新潮文庫)
何作か映画化されている梶尾さんですが
この作品も泣けるお話でした。
蘇えって欲しい人がひとりもいない私でも
共感ができ、とても感動しました[:ポロリ:]
(でも前に飼っていたネコには生き返って欲しいかな)

いろいろな立場の家族をていねいに描写しているが
語り手は(たぶん)老舗会社の課長の児島、自分の父と先代の社長が
生きかえってきたことでこの現象に関わる事になる。
その他、夫が亡くなりシンクルマザーになってしまった玲子や
会社員の秀哉のところには小学生のときに亡くなった
兄・雅人が帰ってくる。
(会社の社長が2人になっちゃったり、生き返った父と同世代に
なっちゃったり、兄が子供のままなので年齢が逆転した兄弟
ひどいのは、再婚した妻のところに夫がもどってきたパターン)

このややこしい状態を梶尾さんらしく、家族の心情
上手く書かれています(^_^)

また、熊本を出ると生き返った人がまた熊本に
戻ってしまう現象や
途中で、期間限定の蘇えりということが分かり
それがまたこの話を奥深いものにしています。

なぜ、このようなことが起きたのかも意外で
ラストの家族愛やその後の展開はやはり泣けました。
テーマは「愛」ですかね?。
映画はほとんど見れていないのですが、ルイの「月のしずく」は
とてもキレイな曲で好きです。
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本・読書)
黄泉がえり スタンダード・エディション
映画版です
関連記事

tag : 読書 SF小説 国内作家_梶尾真治

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ