時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「超人類カウル」ニール・アッシャー

超人類カウル
ニール・アッシャー
遙かな未来、アンブラセインとヘリオセインの
2つの新人類種族、
そして遺伝子改変によりヘリオセインより産みだされた
〈究極の人間〉カウルは、それぞれの存亡をかけ
熾烈な時間戦争を繰り広げていた。
ふとしたことからこの怖るべき戦いに巻きこまれた
22世紀の少女娼婦ポリーと、暗殺者としてプログラムされた
政府の捜査官タックは、第2次大戦、ヘンリー8世、
ローマ時代へと時空をこえた驚くべき冒険に旅立つ!
(裏表紙より)
超人類カウル (ハヤカワ文庫 SF ア 8-1) (ハヤカワ文庫 SF ア 8-1)

3ヶ月も積読後、読むのに1週間もかかってしまいました。
理由は、スタートが麻薬&少女娼婦だったところかなぁ?
最近読んだ海外ミステリ小説が「家庭不和(離婚)・麻薬・不倫」が
入っている話が多くてちょっとその手の設定に飽きていた所でした。
(その後のストーリィに影響があるのならイイのですが、
まったく関係ない物が多い、これってハヤリみたいなもんですかね?)

時間モノ&SF小説としてはスケールも大きくてよいのですが
語り手が何人もいたり、いろいろな人の独白が挿入されるので
話の流れがその度に止まってしまうのがとても残念でした。
主要人物が2人位で交互に語る手法なら読みやすかったかも。。

なので、過去に送り込まれたポリーとタックを中心に読んでいくと
分かりやすくなると思います。
1/3過ぎたあたりから読みやすくなってきました(^_^)

特に、ナンドルーとポリーの関係が面白いです。
ポリーが有機生命体トービースト(過去にタイムトリップできる)に
触れたときに死んでしまった
ナンドルーが彼女の脳にダウンロードされて
頭の中に2つの意識がある状態になってしまう。。
この状態が楽しいです。見た目はひとりしかいないのに
ケンカをしはじめたりして(^_^)

もう一方の主人公、タックは連合政府に勤務している時も
脳をプログラミングされ、ヘリオセインに捕まって同じ事をされ
自分の意志で行動できないのでちょっと可哀相な状態です。

タイムトリップできる有機生命体はトービースト以外にも
マンティサルとう生き物がいるらしい。
ちょっと分かり難い設定だったけど、動物を使ってタイムトラベル
する小説はとても珍しいので、この辺を注目して読んで欲しい。

カウルが時間旅行を発見した人物なんですが
タイトルになっているのに後半になってからしか
姿を表しません。しかも主人公ではなく
人の命を粗末にあつかうヤツです。目的の為には大量殺人もします。
(なんで、彼をタイトルにしたのか?よく分かりません)

印象的だったのは、ポリーには生きる力とラッキーが常に合ったこと
女性で生きたままカウルの住む時代についたのはたった一人
いろいろな時代に飛ばされても適応した彼女はすごかったなー。
おすすめ度★★

人気ブログランキング
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説 タイムトラベル

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。