FC2ブログ
時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

〔映画〕カスピアン王子の角笛-ナルニア国物語(2)

〔映画〕カスピアン王子の角笛-ナルニア国物語(2)

ものをいうけものたちやドリアード、小人などが
かくれて暮らすようになった時代。
ナルニアを支配している、テルマール人の
王子・カスピアンは王位を狙う叔父ミラースに
命を狙われ、角笛を吹いた。
一方、イギリスのペベンシーの4兄妹は角笛の音に
引き込まれるようにナルニア国へ戻った。
ナルニア国を取り戻すことはできるのか!?
冒険ファンタジー第2弾!
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 2-Disc・スペシャル・エディション>
前作「ライオンと魔女」より改変されているところが多いものの
2作目の方が面白かったです(^_^)
ミラースVSナルニア(カスピアンも)に的を絞ったことが
良い結果になったかもしれません。
アクションシーンが満載で剣と魔法の世界が全面に出ていた
のも良かったと思います。(ウチの子は剣での戦いにズキューンでした)

カスピアン王子役・ベン・バーンズは美しいかったけど
あのアゴわれを見てしまったらテンション[:down:]
まぁ、王子様ぽかったけどね。

珍しくパンフレットを買いました。そしたらネタバレのオンパレードで驚きました。
原作ファンは知っているけど。。イッキに夢をつぶすようなことが
さらりと書かれていて[:汗:] 思いやりないッスね。

ルーシー役のジョージー・ヘンリーがアンドリュー・アダムソン監督に
なついているようなので3作目もこのまま監督して欲しいです。

ナルニア国物語って全7巻なんですがいったいどこまで
映画にするのかが気になります。
7冊中には番外編もあるので。。予想は4作目「銀のいす」までかなぁ。
(BBCのTVドラマもここまでだったし)
どうやら「最後の戦い」はやらなそうですね?残念(^^;)

【原作と違う点】
・スーザンは(イギリスで)ナンパされない。
・ピーターは地下鉄でケンカをしない。
・カスピアン王子、年取りすぎ。。原作は少年だった。
・ケアパラベル(城)は攻め落とされていない。
・白い魔女は登場しない。
・ミーラスの城に夜襲をしない。
・ミーラス王妻のはカスピアンを弓で撃たない、そもそも子供も
 描写はあるものの出番なしセリフなし。
・ピーターとカスピアンの意見対立はない。
・スーザンは闘わない。バリバリ矢を使っていたのでビックリしました。
・投石器、他国から軍を借り入れる(ミラース側が)ことはナシ。
・スーザン[:ハート:]カスピアン、キスはなし、ロマンスはなかった。
・カスピアン王子の乳母に会うシーンは全面カット。

【短縮された点】
・ケアパラベルでは長い時間過ごしてから、城跡だと気が付く。
・4人を過去の王はなかなか信じない。
・オカチというあだ名の由来。
・リープチーフ&コルネリウス博士の名前すら出てこなかった。
 原作ではもっと活躍したのに?。
・ラストの戦いでアスランのつれてくる軍隊はもっとが多かった。
 (人を集めるシーンがなくなっている)
間違えがあったらスミマセン

カスピアン王子のつのぶえ ナルニア国ものがたり (2)

人気ブログランキング

〔映画〕カスピアン王子の角笛公式サイト
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛-goo映画
関連記事
 

コメント

非公開コメント

私も日曜日に見てきました!
子供の頃から原作の大ファン(いまだに手元にある本はケース入り各¥550也、って何年前?)でした。地味なお話なので映画化にあたっては大幅な改変も仕方ないのでしょうね。仰るとおり面白かったことで○といたしましょう。王子、タイプだし。
シリーズ中一番のお気に入り「朝びらき丸」の公開が待たれます。
BBCも御覧になられたんですね。「ライオンと魔女」しか知らないので他も見てみたいです。それにしてもあのルーシーはひどかった。
これから薬屋さんを読みます。 

見られましたか。私は大満足でした(^_^)
>ケース入り
古いやつですね?私も何冊かはケースつきです。
でも全巻はもっていません。
>「朝びらき丸」
これも楽しみです♪お金もかけているようだし
それこそBBCドラマのようにはショボくならないでしょう。。
「カスピアン王子」でリープチーフの出番が少なかったので
次ではたくさん出して欲しいです。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ