時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「タウ・ゼロ」アンダースン

タウ・ゼロ-TAUZERO
ポール・アンダースン
核戦争後、スウェーデンを中心に復興が進められた地球。
人類は新たな移住地を求め
32光年先のおとめ座ベータ星・第3惑星まで
男女50人からなる調査団を派遣した。
しかし、<レオノーラクリスティーネ号>は小惑星と
衝突してしまいエンジンの減速システム(ブレーキ?)
が壊れてしまった。
止まらない船の恐怖に徐々に蝕まれていく船員達。
星雲賞海外部門受賞作品。
タウ・ゼロ (創元SF文庫)
ハードSFとやらは苦手ですが
アンダースンの分かりやすい文章でなんとか読了しました。

恒星船の中と外では時間の流れが違い地球に戻れたとしても
人類は存在しないかもしれない。(ウラシマ効果ってヤツですね)
なんとかブレーキをかける方法を編みだすも
次々と不測の事態が起こり、やさぐれていく人たち。

主人公は元警察官の護衛官、チャールズ・レイモント
絶望に飲み込まれそうになる人々を
自分が悪者になる事でなんとか立ちなおらせたいと奮闘します。

半数を恋愛話に使ったのはもったいなかったなぁと言うのが
正直なところ。。
船に乗る前からパートナーを決めるとか、たった50人しかいない中で
浮気したとかしないとか。。
レイモントは副長リンドグレンと付き合っていたけど
浮気され二人に間は仕事も上手くいかなくなった。(ココが書きたいのか?)

スウェーデン人に対する憎悪とか、男女間の揉めごと
内部から崩れそうになるのをレイモントが
軍隊的な規律を作り押しとどめます。
アンダースンお得意のストイックで英雄的
主人公が語り手なんだけど
人間的な弱い部分もあったので、今回は共感できました。

ブレーキが利かなくなるってシンプルなアイディアなんだけど
それを恒星船でやるからスケールが大きくなるんだよね?
ある意味時間モノ?理解できない部分があってけど[:汗:]
この設定だけでスバラシイとおもいます。

おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説 海外作家_ポール・アンダースン

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。