時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「深紅の碑文(上)」上田早夕里

深紅の碑文(上)
上田早夕里
海面が上昇し陸地が少なくなくなったことで海上に
住む海上民が生まれた。
さらに人が地球に生きられなくなる〈大異変〉が予測され
陸地では出産制限、海上では環境に適用するための
遺伝子操作で新しい人類が生まれた。
地球に人が住めなくなる<大異変>を目前にした人類は
まだ戦いを続けていた。
「華竜の宮」の続編で清澄が引き続き登場。
深紅の碑文 (上) (ハヤカワSFシリーズJコレクション)


外交官を辞めた青澄・N・ゼイジは救援団体<パンティオン>を立ち上げます。
主に海上民に薬や食料などを援助する活動です。
ですが海上民が暴徒化した(陸の民を殺す)ラブカの増加で
活動はままなりません。
下の世代が育っていたこともあり、青澄はラブカも救済する道を選びます。

また、核融合炉で宇宙船を飛ばしたい<DSRD>には星川ユイという
若い世代の少女が登場し、<大異変>を見据えて遺伝子操作された子供
<救世の子>と関わっていきます。
その他、ラブカになった医者ザフィールなどいろいろな人の視点で語られます。

私の注目は青澄とサポートAIのマキ、外交官だった頃の記憶は
政府に返してしまったので少し様子も代わり
何より性別が男から→女に変更になりました!
(秘書としての役割を鮮明にした?)
青澄を心配するマキには人のような感情がのではと思いたいです。

星川ユイの宇宙を夢見る話は面白く、ザフィールのラブカになった
話は苦い物でした...彼は信念があるのか?心が弱いのか?

人類が終わるかもという事態になっても利権のために戦い続けている
人たちがいるというストーリーはリアルすぎて悲しくなりました。
ですが、この話の未来にはいろいろな夢が詰まっています。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 SF小説

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。