時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デリリウム17」ローレン・オリヴァー

デリリウム17(セブンティーン)
ローレン・オリヴァー
愛が病とされ忌避されている未来。
アメリカはこの病に打ち勝つため鎖国をし
64年が過ぎた。
アメリカ国民は政府が決めた相手(愛のない)と結婚し
子供は両親の愛情を知らずに育つ仕組みを作った。
そして政府は病の感染を規制するため
18歳になってから手術を受けることが決まっていた。
デリリウム17 (新潮文庫)
主人公のレナは17歳もう少しで手術を受ける
という次期に来ています。
そのことで心が揺れています。
レナが6歳の時にレナの母親は亡くなっています。
レナを愛していた母は病にかかっているという名目で
手術を3回も受けさせられ、4回目目前で崖から飛び降りたのです。

その手術で子供は生まれるけど情操教育は欠けており
「抱きしめる」「愛情を表現する」等のアクションを
親がすることはない。
子供を愛せない両親も出てきます。
政府によるとこと政策のおかげで犯罪が減ったので
<愛が病>とう定義は間違っていないことになっている。

性格がひねくれた子供が大量に生産されそうだし
親に愛されていないと犯罪に走りそうな気もします
何より感情を抑制するために一定の年齢がきたら
子供たちはロボトミー手術をされ、
感情がほとんどない人間になってしまいます。

親がその病にかかり自分もそうなってしまうのでは...
と恐れているレナは17歳、あと少しで手術という年齢です。
普段は政府の教えに沿って怯えるように小さくなっている
レナですが、母の「愛の言葉」を覚えています。

一方、レナの親友ハナは美人で自由奔放。政府の批判を
口にし親には内緒の集会に参加しています。

親からの愛を覚えているものの、親のように病にかかって
捕まえられるようなことになりたくないレナ
親戚では<愛>に関するテロリストとして捕まった
人もおりかなり慎重になっています。

<愛>か<正義>(←政府が言うところの)か?相反する
少女の気持ちがとても上手く書かれています。
思春期のみずみずしい感性とストーリーもSFという設定だけでは
なくて良かったです。

ラストは少し悲しい展開でしたが印象に残る話となり
作者ローレン・オリヴァーの名前を記憶にとどめました。
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 海外小説

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。