時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アマンダの影」キャロル・オコンネル

アマンダの影-マロリー・シリーズ2
キャロル・オコンネル
あのマロリーが死体で発見された?
TVのニュースでも流された事件の速報は警察関係者を
動揺させた。マロリーの相棒ライカーが検視局にいくと
マロリーのジャケットを着た別人の遺体が待っていた。
被害者アマンダの部屋を病的に掃除して行った犯人は
誰なのか。犯行を見たのはアマンダの飼い猫だけ
氷の天使の捜査が始まる。
アマンダの影 (創元推理文庫)
殺されたアマンダの顧客名簿から高級マンションに犯人が
いると辺りをつけたマロリーは
コネを使ってそのマンションに(一時)引越し潜入捜査を開始する。
一方、<マロリー&バトラー>共同経営者チャールズは
アマンダが書いた私小説を渡されそれの分析を頼まれる。

マロリーが死んだとニュースが流れた後に
生きた彼女を見た人の反応がそれぞれ面白いです。
(マロリーはわざと上司のコフィを驚かしていた)

また、警察内部に情報をもらしているヤツがいるのですが
彼女に養父マーコヴィッツは「仲間は売らない」という信念を持っていたため
パランスキ刑事を見逃そうとしますが
そのことでマロリーも危険になってしまいます。

子供を欲していたはずのアマンダが何故子供を
流す手術をしたのか?
その点にマロリーはこだわります。

印象的なシーンが多い本作ですが、アマンダノ飼い猫に
マロリーが好かれ、(潔癖症な)彼女が目撃者としての
猫を何とか尊重しようととしている場面が
コントのようで面白かったです。

また、マロリーが養父母を思い出すシーンは泣けました。
クリスマスの自分の家がライトアップされているのを
凍えたように見るマロリーの心情を思うと悲しいです。

推理モノでありながら、主人公の悲しい過去と
温かくなるようなエピソード
色々な要素が交じり合ってすばらしい作品になっています。
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本)
昔の表紙、コッチの方が好きですね
アマンダの影
関連記事

tag : 読書 海外小説 推理小説 海外作家_キャロル・オコンネル

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。