時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔小説〕ジャンパー

ジャンパー
スティーヴン・グールド
17歳の少年ディヴィッドはアル中でDVの父と二人暮し、母はとうに逃げてしまった。

父親から虐待をうけたことが切っ掛けでテレポート能力を身に付けてしまう。
読書好きな彼は動揺すると、すぐに図書館に移動してしまい
とうとう父親から逃げ出すためニューヨークへと向かった。
映画版「スターヴォーズ」のヘイデン・クリステンセンが主役。

以下、ネタバレあります。
ジャンパー 上 (ハヤカワ文庫 SF ク 8-5) (ハヤカワ文庫 SF ク 8-5)
ジャンパー 下 (ハヤカワ文庫 SF ク 8-6) (ハヤカワ文庫 SF ク 8-6)
再読です。映画を見ても結末が違ったよな?くらいしか
覚えていなかったので新鮮な感じがして読めました。

アメリカって社会保険番号がナイと仕事にもつけないんですね?
そんな訳でジャンプ能力を使い銀行強盗をして
ディヴィッドは大金を手に入れます。
ここら辺、映画では「なんて短絡な主人公だろう」と思いましたが
小説ではかれの境遇があまりにもヒサンなので
ちょっと同情してしまいました(^^;)

ミリィという女性に恋をしてお金をバンバン使います。
まぁ。おこちゃまな行動ですね?若いからしかたないか。。
そんな中で12歳の頃に出ていった母親を捜しだし
再会を果たします。(また、お金を湯水のように使う)

が、急展開せっかく再会した母親はハイジャック犯
殺されてしまうのです[:悲しい:]
下巻はテレポート能力を駆使した復讐の物語となっています。

警察に追われたり、母が殺され、恋人に裏切られ(?)
いろいろな苦難をのりこえ、ちょこっとだけ
ディヴィッド少年は成長します。

【映画と違う点】
・一度行ったことあるところしかジャンプできない。
(映画は絵葉書をみてジャンプしていましたが、それはムリ)
・秘密結社(ジャンパー狩りの組織)はナイなのでグリフォン(ジャンパー仲間)はいない
・母親が死んでしまう、映画では生きています。

まだ、翻訳されていませんが続編があるようです。
映画が中途半端で終わったのは続編があったからなんでしょうか?
小説の方はキレイに終わっています。
 「Reflex」
Reflex (Tor)

人気ブログランキング


関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。