時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「電脳コイル(1) 」宮村優子

電脳コイル(1)
宮村優子
<電脳メガネ>と呼ばれるメガネ型のウェアラブルコンピュータが
子供たちに普及している近未来。
優子は父親の転勤で大黒市に引っ越してきた、大黒に降りると
謎の少女がバグのイリーガルを追っておりバグの出現で
優子の電脳ペット(犬)デンスケが行方不明になった。
その後、通りかかった電脳探偵フミエに助けて貰う。
転校先の小学校では優子と共に謎の少女・勇子も同じクラスに
転校してきた。二人のユウコが絡み合うSFストーリィ。
電脳コイル〈1〉 (トクマ・ノベルズedge)


ちなみにフミエも同じクラスでした。
主人公たちは小学6年生、<電脳メガネ>は仮想空間を見ることができ
大人になると使えなくなる設定。

顔にかけるウェアラブルコンピュータってことで
「レインボーズエンド」を思い出しました。
あれの主人公は老人だったので、雰囲気は違いますが
少しは影響を受けているかと思います。

二人もユウコが入ってきたので、優子→ヤサコ
勇子→イサコと区別されるようになりました。
イサコはバグを追っておりバグに感染したデンスケを誘拐。
このことが切っ掛けでヤサコはコイル電脳探偵局に入ることになりました。

探偵局のリーダーはなんとメガばあことヤサコの祖母!
祖母は元駄菓子屋でしたが電脳グッズを売ったりと
変わっていました。
フミエと対抗する同じクラスのダイチが大黒黒客倶楽部の
リーダーでなんども小競り合いをしています。
ヤサコはそれに自分から巻き込まれていきます。

普通だったら子供同士のケンカも仮想空間だと大事になってしまう
ことが驚きです。
現実と仮想が微妙にリンクしていることが原因のようですが
電脳メガネの戦いはスピード感があって面白かったです。
ヤサコは電脳メガネの隠し機能を使えるので圧倒的に強く
フミエとヤサコは押され気味ですがなんとか
挽回して欲しいですね。

子供たちは過去に大事なものを失っており、その喪失感から
過激な行動になっているようです(ダイチは違うけど)

かなり、面白かったのでアニメ版も見たいですね。
日本SF大賞をとったのはアニメみたいなので。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 SF小説

 

コメント

非公開コメント

No title

アニメも面白かったですよ!

そうですよね

アニメ版と小説では微妙に設定が
違うようで楽しみです。
でもヤサコの妹の下品な口癖は変わらないようですね(^^;)
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。