時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔法の夜: 竜宮ホテル」村山早紀

魔法の夜: 竜宮ホテル
村山早紀
作家・水守響呼は、人に見えないものが見える眼を
持っており、猫妖怪のひなぎくと一緒に生活している。
彼女の住む竜宮ホテルには幽霊やら未来人やら
いろいろな人が住んでいる。
ひなぎくを初めてのクリスマスパーティーにつれていく
約束をしていたが徹夜明けの脳みそは働かず、
まったく用意もできていない。
竜宮ホテルの住人に助けて貰い何とか会場に
たどりつが、そこには幻のライオンがいて...、。
魔法の夜: 竜宮ホテル (徳間文庫)
前作に比べると、<幻のライオン>とか<呪われた箱>など
盛り上がりに(今一歩)かけるストーリィでした。
主人公の眼の特性ももそれほど生かされていないような感じでした。

幻のライオンを連れている少女はひなぎくを見える人種で
おじいさんを探していました。
同情したひなぎくは少女がゲストのクリスマスパーティーを
一緒に抜け出し。おじいさん探しへ
でも、その行動が<呪われた箱>事件とつながってしまうのです。

猫耳のひなぎくがパーティに合わせて着飾るシーンは
とても楽しく想像を掻き立てる書き方でした。
耳の動きも活発ですし(^_^)

響呼も新しい出会いがありました。もしかすると続編で出てくるかもしれません。
その人は幽霊をつれていて。ツンデレです。

あと、最後に入っていたエピローグのひなぎくが
主観になって書かれている話が良かったです。
やはりかわいいですね。
おすすめ度★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 ファンタジー小説 妖怪

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。