時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メモリー(上)」ロイス・マクマスター・ビジョルド

メモリー(上)
ロイス・マクマスター・ビジョルド
デンダリィ傭兵隊の任務中にマイルズは発作をおこし、
味方を撃ってしまいます。それを上司に報告せず軍をクビに。
一方、機密保安庁長官のイリヤンは脳に埋め込まれた
記憶装置が壊れ混乱し仕事が続けられなくなる。
イリヤンを家族のように感じていたマイルズは
彼を助けるために新たな地位を手にし
この問題を解決しようと奮闘する。
皇帝は婚約、マイルズは軍を辞め転機となる1冊。
メモリー 上 (創元SF文庫)

貴族ですがミュータントの若様の揶揄されていた
マイルズは軍にいることが生きがいというか
世間的に認められていると感じていたのでクビになってしまい
かなり落ち込みます。
ですが、イリヤンが大変な目に合っていると分かり
(自分を首にした上司ですが)助けになろうと行動を起こします。

バラヤーの政治的な話が背景にありますが
前回に引き続き家族(友情の)話となっています。
ただの上司と部下ではないと思っていましたが
今回の危機でイリヤン&マイルズ双方が信頼し合っていることが
ハッキリわかり嬉しく感じました。

後任のハローチ将軍に
イリヤンに面会もさせてもらえずマイルズは奥の手を使います。
(いつものグレゴール帝にお願いします)
会えることになったイリヤンは裸で拘束されており
記憶の混乱から暴れることもあるという...
ですが信頼するマイルズが面会すると暴れることはなく
同じことを何度も聞きますが暴れることはありません。
このシーンは二人の信頼関係が書かれていてグッときました。

また、グレゴール帝へのおねだりですが<聴聞卿>という
皇帝直属のなんでも調べられる権限を一時的にもらい、
マイルズの面会を意地でもことわるハローチ機密保安庁長官代理
に対抗する(それ以上の)地位につきました。
いつも思うんですが、グレゴールはマイルズの(切羽詰まった)
お願いを断ったことないですよね。
やんちゃな弟に優しい&甘いお兄ちゃん的な関係性は
ホノボノします。

両親はセルギアールに赴任しており(イリヤンは父アラールの部下だった)
助けになる人物がいない、アリス叔母がサポートしてくれますが
調査の点ではあてになりません。

体のことでバカにされてきたマイルズは
自分のことを認めてくれている友人や家族を失うのが
とてもイヤなのだと感じました。
最高機密の記憶チップよりイリヤンのカラダを心配していましたし
自分も発作が起きるのに後回しにしたり
愛憎に感じるやり取りに感動しました♪
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 海外小説 SF小説 海外作家_ロイス・マクマスター・ビジョルド

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。