時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「復活の日」小松左京

復活の日
小松左京
暖かくなると異常に増殖する人の手でつくられた
ウィルスが空輸される途中で雪山で墜落し
雪解けと共に人知れずバラまかれていった。
インフルエンザと思われていた病は徐々に広まり
人類には止められない事態となっていく。
南極に一万人たらずの人々を残して人類は
死滅してしまった。映画化もされています。
復活の日 (ハルキ文庫)
テラ87さんにおすすめ頂きました。
ありがとうございます!

ウィルステロと事故があわさった話は珍しい気がします。
潜水艦で生き残りを探してウロウロするところは「渚にて」
に似ている感じもしますが。

はじめに動物が死んでいき、その後人間もインフルエンザに罹る
ですが、ウィルスによるテロの存在は浮上してきません。
(事故だったし、ウィルスをつくった博士は殺されている)
かなり前に書かれた作品ですが、今の時代では
ありそうな内容になっています。

一握りを残して人類がいなくなってからが大変です。
「復活の日」のタイトル通り残った人たちは
人類復活に向けて大逆転をねらいます。

精神的に耐えられなくなった人、それでもウィルスに対抗する
薬をつくろうとする人、さらにウイルス抗体の人体実験を進んで受ける人
恐ろしい話ではあるのに淡々と書かれていて
作品の奥深さを感じます。

潜水艦が東京湾に入った時や人体実験に同意した時の
吉住の心理描写がリアルでした。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 SF小説 国内作家_小松左京

 

コメント

非公開コメント

トラウマ

アマチュア無線で子供の声を聞くシーンは、つらくて再読できません……。

Re: トラウマ

やはり小松左京さんの文章ってリアルですよね。
映画は怖くて見れていません。
(キャストもちょっとイメージと違ったので)

『日本人って、みんな親孝行なの?』

今晩は、ユキノ様。
去る23日は、最後の神保町巡りに行きました。いろいろな珍品が手に入りました。

『復活の日』、評価三ツ星、有難うございます。この作品で、細菌とウイルスの違いや、細菌戦の歴史などを知りました。
過労でダウン寸前の医師が戦時中の野戦病院の記憶を思い出す場面と、吉住が最後の願いとして、女性の肩揉みをする場面が、とても印象的でした。そしてあのどんでん返し―皮肉としか言いようのない結末です。
願わくば、新世界に『妬みの神』、『復讐の神』が再び目覚めぬことを祈ります…。

最近、面白い本を数冊、読破しました。紹介はまた今度に。
では、お休みなさい。

Re: 『日本人って、みんな親孝行なの?』

こんにちは。
神保町巡りお疲れ様です。

> 女性の肩揉みをする場面
印象的でした。今の日本人は親に肩モミしないで
子供の肩をもんでいるような...。

No title

小松先生の本は読んだことがないのですが、ブックライナー(知らない人が多数派でしょうな)で検索していたら小松右京と言う人の著作があって・・・・・・びっくりです。ご兄弟らしくて。
ユキノさんは、ふつうの本屋さん派ですか?オンライン書店は好まないタイプ?いや、このブログを読んでいるとそうじゃないかと感じるのですが。

No title

気が向いたら、デジタル・クワルナフというブログを覗いてみてください。テラ87さんみたいに本の紹介はできませんので(一度したかな?)代わりにブログの紹介というわけです。

当たりです

サカキさん>
小松右京さん知りませんでした。しかも兄弟なのか。
どんな本を書くのか気になりますね。

どちらかというと本屋さんで購入したい派です。
でも絶版とかはネットで購入することもありますね。
(海外のSF本は絶版になるサイクルが早いのでネットか
古本屋さんで買っています)

> デジタル・クワルナフ
歴史(?)中心のブログなんですかね。
ありがとうございます!
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。