時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「泣き童子」宮部みゆき

泣き童子 三島屋変調百物語参之続
宮部みゆき

三島屋におちかがやってきて1年
お嬢様ということで威張らず&使用人を見下さずに
一緒に働いてきたことで三島屋に馴染んでいった。
<不思議な話>を聞くことも続いており
さらにパワーアップした怪異が持ち込まれた。
泣き童子 三島屋変調百物語参之続
今までは恐ろしくてもおちかの心が晴れるような
オチがあったり出会いが会ったりしましたが
3巻は<毒>の強くて後を引く暗い話も収録されています。

『魂取りの池』
嫉妬の心が強い女性の話。
語り手は若い娘さんでおばあさんの若い頃に
あった昔話らしいです。
違うジャンルのホラーですな。

『くりから御殿』
山津波で家族を失った長治郎は夢の中で
亡くなってしまった幼なじみたちに出会う。

家族や幼なじみが亡くなり
自分ひとりが生き残ってしまったことに
罪悪感を感じていた長治郎は昔の話しを
聞いてもらいスッキリしたようです。

『泣き童子』
凶事が起こる前に泣く赤ん坊、
母親は子育てキチンとをせず泣く子供が悪いと思っていたが
人の心に敏感な赤ちゃんだった。

かなり怖い話です。
赤ちゃんというより周りの人間の方が
おそろしいということが実感できます。

『まぐる笛』
語り手は地方のお侍さん。
自分の訛りを気にしていますが
それよりも話は世にも奇妙な人食いの話でした。

一太郎の母親・光恵は母方の出身の村では
尊敬される人だった。
その尊敬される訳は<異形のもの>を退ける力にあった。
子供の目から見た人食いの魔物の話は
臨場感たっぷりでした。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 国内作家_宮部みゆき

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。