時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トゥルーブラッド(完結) 安らぎの場所」シャーレイン・ハリス

トゥルーブラッド(13)安らぎの場所
シャーレイン・ハリス

妖精の贈り物を使って死んだサムを生き返らせたスーキー。
エリックは自分のために使われなかったことに怒り
スーキーとの連絡を拒んだ。
生き返ったサムはスーキーと距離をおき
さらに彼女は(やっていない)殺人事件の
犯人として逮捕されてしまいます。
トゥルーブラッド13 安らぎの場所 (ソフトバンク文庫)
エリックのスーキーへの扱いが悲しいです。
一人の人間として認めていなく、部下か下僕扱い
「俺の思うとおりにするだろ」という話し方で
がっかりでした。
彼女の能力は分かっていても利用しても
それに見合った対価を払わないし..(ビルもそうですが)

そのこととは反対にいままでスーキーが無償で助けた来た人が
彼女の逮捕に動き始めました。
いろいろな人が(元彼たちを含む)が彼女の無実を
信じてくれることが嬉しかったです。

サムとの関係もおかしくなってしまいますが
魔女のアメリアやデーモンのカーマイケルやテレパスのバリーが
スーキーの家に泊まり込んで警護&犯人探しに協力してくれます。
特にカーマイケルは弁護士でデーモン、
親戚のような人なので頼りになります。

スーキーに罪を着せようとして、彼女の命を狙っている
人たちは一人を除き意外な人物でした!
最終話になっても命を狙われてドキドキハラハラの展開で
楽しめました。

男運の悪かったスーキーが幸せになれるよう祈っています。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 ファンタジー小説 吸血鬼

 

コメント

非公開コメント

ひとりでいらっしゃい

今晩は、ユキノ様。
先月の神保町巡りは、掘り出し物がいっぱいでした。
今回購入したのは、今日泊亜蘭の『氷河0年』、川又千秋『星星の声』、平井和正『メガロポリスの虎』です。SFマガジンも五冊ぐらい手に入れました。

今回は、今日読み終えたばかりの児童書、斉藤洋の『ひとりでいらっしゃい』をご紹介します。
主人公・隆司少年は、怪談やホラーが大好きな小学生。ある日、兄の大学へ忘れ物を届けた帰り、昼食を食べようと食堂へ向かう途中、彼は何故か校舎の四階へ来てしまいます。そこには西戸助教授と五人の大学生が集う『怪談クラブ』というグループが、『子供』をテーマにした怪談を語ろうとしていたところでした。
そこで昼食を頂いた隆司は、飛び入り参加という形で、このクラブで怪談について語り合います。隆司と六人が語り合う、怖い話とは?

初版年号が94年ですから、ちょうど学校の怪談がブームだった頃の作品です。僕たちの知っている怪談もあれば、この本ならではのオリジナル怪談もあり、結構楽しかったです。そして最後の結末も、非常に気に入りました。
この作品は、『うらからいらっしゃい』、『まよわずいらっしゃい』という続編もあるそうです。童心に返ったつもりで、こういう作品を読むのも如何でしょうか?

では、お休みなさい。

Re: ひとりでいらっしゃい

こんにちは。
今日泊亜蘭さんを読もうと思いましたが
絶版が多くなかなか手に入りません。
神保町巡りいいですね。絶版本とかありそう。

> 斉藤洋の『ひとりでいらっしゃい』
ルドルフとイッパイアッテナの人ですね。
怖い話も書いているんですね。
猫の本のイメージが強く驚きました。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。