時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネメシス(上)」アイザック・アシモフ

ネメシス(上)
アイザック・アシモフ
地球圏の天文学者ユージニアは地球から2光年のところに
構成を発見した。
彼女の住む植民衛星ローターは地球から独立を考えており
新しい航行方法のハイパー・アシスト駆動も開発していた。
ローターの次期指導者ピットはこのことをユージニアに
秘密にさせ極秘に進めていた太陽系脱出を計画を実行した。
しかしネメシスと名付けられた星はさらなる秘密を抱えていた。
ネメシス〈上〉 (ハヤカワ文庫SF)
ネメシスを発見した天文学者ユージニアが主役かと思っていたのですが
その娘・マルレイネがかなり重要なキャラみたいです。
母親に似て娘は頭もよい15歳。人のしぐさや声で考えていることが
分かってしまう能力を持っています。

衛星ローターごとネメシス圏に移動した後と
地球圏から離脱する前など何度か話が前後して語られます。
マルレイネの父親は地球人でローターが旅立つ時に
母親とケンカし離婚。
移民としてローターでは地位が低かったクライルには選択肢が
ほとんど無かったのです。

話が進むにつれクライルは地球の情報局員だと分かってきます(TT)
(マルレイネのことは深く愛していたみたいですが)

ローターが地球側に行き先も云わず脱出した後
クライルがユージニアと話した断片から
ネメシスが地球に発見されてしまいます。
地球から離れて自由になりたかったローター
ローターを疎ましく思う地球。

マルレイネは母を説得しエリスロという星に行くことにした。
その際にローターの指導者となったピットに力を
見せてしまったことで窮地に追い込まれる。

母親曰く、マルレイネは美しくないけど頭脳は抜群。
もうちょっと腹芸ができれば将来安心ですね。
地球とローターの争いにマルレイネが救世主となるのでしょうか?

ちなみにローターは動くスペースコロニーのようなもの
だと考えています。

おすすめ度★★★
人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説 海外作家_アイザック・アシモフ

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。