時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「華胥の幽夢 十二国記」小野不由美

胥の幽夢(ゆめ)-十二国記
小野不由美
戴国王驍宗の命で漣国へ赴いた泰麒を待っていたのは。
芳国王仲韃への大逆の張本人月渓
に慶国王陽子から届けられた親書とは。
才国の宝重華胥華朶に託された理想の王国への憧
憬の行方は。
十二国記珠玉の短編集
(※公式サイトより)
華胥の幽夢 十二国記 (講談社文庫)
『冬栄』
戴国の驍宗のお願いで使節として泰麒が漣国を訪れる話。
驍宗と離れることが不安な泰麒に帰ってきたら
「プレゼントがあるよ」と送り出す。

寒い戴国と漣国との対比だけではなく麒麟のお仕事とは
なんなのかと迷っていた泰麒を明るくするようなストーリィ。
なんといっても幼い泰麒が可愛く
じいや正頼との会話が微笑ましいです。

「尊いお尻をぶたせてくれなくちゃ、じいやには楽しみがありません」
「頑張ってください(略)、じいやがにわの木に吊るして差し上げますから」

あまりイタズラをしない麒麟をそそのかす
正頼の数々の名言がよいです。

『乗月』
民を殺しつくした峯王・仲韃を討った月渓のお話。
彼は偽王になるつもりはなく恵州に帰ろうとしていた。
そんな時、慶国の陽子から手紙が届く

国が傾いてから新しい王が選ればれるまで
人間の力ではおそろしく大変な仕事だと思います。
全王を殺した月渓の心の中が分かる
かなり驚きの話です。

『書簡』
留学している楽俊と陽子のお手紙の往復
短い話ですが
二人の仲のよさがにじみ出ていてほっこりしました。

『帰山』
利広が柳国の動向を確認しに行き風漢と
鉢合わせする。
柳国は見ため以上に荒れており海岸線では妖魔が
出没するようになったという情報を手に入れた
利広が奏国へ里帰り(?)する。

風漢が好きなので短いながらも彼の話は
楽しかったです(凝縮されていました!)
また、6百年も続く奏国は家族で運営されているとか
王様がお茶を入れるとか
軽くショックを受けました。
「王様の威厳が」と麒麟に怒られている
陽子に教えてやりたいですね(^^)


『華胥』
若き王・砥尚は華胥華朶という理想を見せてくれる
国宝に取り付かれ
正しい行いをしていると突き進む砥尚
しかしも国は傾いてしまい麒麟の失道....。
前の王のようにならないようにと政治をおこなってきたが
何がいけなかったのか?本のタイトルにもなっている中編のお話。

今の政治化にも読んで欲しいような話です。
なんというかかなり切なく、イヤな部分を正面から
見させられている感じがします。
どこの国でもありそうな出来事ですがこと十二国記となると
王の間違いは国が傾き、人が多く死ぬことを指しているので
恐ろしいと思ってしまいました。
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 ファンタジー小説 国内作家_小野不由美

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。