時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「丕緒の鳥 十二国記 」小野不由美

丕緒の鳥 十二国記
小野不由美
久々の十二国記、短編集。
4編中2つが書き下ろしということです。
王が中心というより民から見た国の様子
王が倒れたり、次が見つからなかったりして
荒廃する村で庶民はどう暮らしているのか。
残念ながら泰麒の話はなし(TT)
丕緒の鳥 十二国記 (新潮文庫 お 37-58 十二国記)
『丕緒の鳥』
祝い事や祭事に陶器(鳥に見立てた)に弓を射る儀式
大射の儀を取り仕切る丕緒(ひしょ)は短命の王に仕えて
絶望していた。
国中の女性を追い出そうとした予王の行動が
決定打となり仕事にも身が入らない...。

慶東国の話。
「また女王、胎果」と蔑まされるのが悲しいです。
延王も胎果なのにスタートラインに立つ前に評価されないのが
悔しいです。
が内容は良かったです。苦しい次代を乗り越えて
新たな王の下での新生活、希望のもてるストーリィでした。

『青条の蘭』
故郷の木が病にかかっている。
ぶなが立ち枯れし、ぶなのおかげで水はけが良かった
土地もがけ崩れなどが起きるようになってしまった。
病の特効薬を求め国内を探し回る下級官僚の2人の物語。

途中手伝ってくれる人も現れますが、
木の病気に対しては皆さん深刻には
考えてくれません。
新王を待つ気持ちと特効薬を見つける気持ちが
重なって見えて切なかったです。
この中では一番泣けました。

玄英宮が出てくるので雁州国の話だと思います。

『風信』
女は国を出なければいけないというおふれがあり
家族全員を失った蓮花は
逃げる途中の建州で予王の訃報を聞く。
家族が居なくなって家に帰ることなくさびれた町
摂養に留まることに決めた蓮花。

幼い頃に家族を亡くした蓮花は日々の生活で
感情がマヒしてしまっています。
気象を観測して暦を作ることにも疑問を感じ
国が悪くなっていく中
心を閉ざしそうになります。
民衆の生活がリアルに書かれており、それがいいことばかりでは
ないので悲しくなりました。

4つの短編全てが過酷な話だったので明るい話が読みたいです。
新潮社の十二国記公式サイトには
今後、長編の続刊がありそうな書き方をしていましたが..どうでしょう?

ぜひ泰麒の続きを書いて欲しいです。
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 ファンタジー小説 国内作家_小野不由美

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。