時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チタンの幽霊人」瀬川 昌男 

チタンの幽霊人 
瀬川 昌男
1年間の宇宙旅行を経て土星の衛星チタンについた
クロノス号の開拓隊500人だったが
迎えに来るはずの観測基地からの応答がない!
その上、チタン開拓隊長下田の息子ヒロが
幽霊を見たというのでちょっとした騒ぎがおこる。
シュブナイルSFです。

「チタンの幽霊人」はテラ87さんにおすすめ頂きました。
ありがとうございます。

プロローグ的な部分でタツオが親友のマコトに
「ぼくはまもなく死ぬはずなんだ」と告白する...。
意味深な始まりの後
急に変わってチタン開拓隊の話になっていく、つかみが上手いです!

観測基地と連絡が取れないまま
ヒロたち子供8名が幽霊に誘拐されてしまいます。
幽霊はあることを要求してきます。

幽霊の正体は?その目的は?などなど謎が多くて
楽しめました。
昔に話なのでチョチチョイ古臭い言葉も出てきますが
ジュブナイルなので許容範囲かと思います。

ロボットついてがさらりとしか書かれていないのが
残念です。「建設ロボット失踪」などサブタイトル
では注目でしたがその後、出てきません...。

元天文少女だったので、チタンて名前の衛星はあったっけ?
と調べてみたらあの有名なタイタンのことでした。
さらに、この本の後書きだと土星の衛星は11個
でも現在 衛星は60個近く発見されている。
私の知識があまりにも昔なことに軽くショックを受けました(TT)

おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 SF小説 推理小説

 

コメント

非公開コメント

原始怪獣グララ

今晩は、ユキノ様。
『チタンの幽霊人』、好評で何よりです。星三つ、どうも。
この作品、『幽霊』たちが何とも哀れな存在として描かれています。それだけに、ラストの親友同士の再会は、感動的でしたね。

先月、神保町にてSFを買いあさりました。今回は加納先生の作品も四冊手に入れまして、その中の一冊、『原始怪獣グララ』を読破しました。

蒼井兄弟と北川親子は、南天博士の友人の科学者がいる雪国へ、スキー旅行へ出かけます。美味しい料理に、快適なホテル。しかし、本当の目的は、その科学者が南極で発見した、恐竜の卵でした。この卵は何と、現在に孵ろうとしているのです。
それを狙う、悪党一味。あの手この手の襲撃をかわしながら卵を守る一同の目前で、割れた卵から出てきたのは?

今回は、恐竜復活がテーマです。いろいろな怪獣映画のパロディや、悪運が強すぎる悪党たちなど、見所満載でした。

では、お休みなさい。

Re: 原始怪獣グララ

> 『チタンの幽霊人』
いつもありがとうございます。
チタンは思わぬ展開でビックリしました。

南天博士の話ってたくさんあるんですねー。
絶版も多いですが見つけたら
あのシリーズを読みたいです。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。