時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最後から二番目の真実」 フィリップ・K・ディック

最後から二番目の真実
フィリップ・K・ディック
世界を二分して10年以上も続く核戦争、
放射能を恐れて多くの人々が地下にのがれ
地下で作られたロボット達が代理で戦う近未来。
地下塔は苛酷な環境でお風呂も共用で使い
さらに戦闘用ロボットのノルマなどもある。
地上の映像では戦争はまったく終わる気配がない。
しかし、実は戦争は10年前に終わっていた
一部の人間が特権階級として地上に残っていたのだ。
最後から二番目の真実 (創元SF文庫)
地上ではまだロボットによる戦争が続いていると
信じている地下の住民たち。

地下のトムミックス塔長ニックはロボット生産増量の命令に
頭を抱えていた。
ノルマは達成しそうにもないし
病気のため冷凍保存された技術主任のモーリーを復活させるため
野戦病院にしかないという貴重な人工臓器を
探しに地上に出ることになった。

地上では西側の指導者タルボット・ヤンシー(実は実在ではなく
映像だけの存在)が読む原稿を数人の補佐官が
管理局のボスであるブロウズが住宅開拓業者を
失脚させようと画策していた。
ここでやっとタイムマシン的なものが登場します。
どうやら小さなものを過去に送ることができる
装置をブロウズは所有しているようです。
(その装置を使って住宅開拓業者をハメる作戦)

それ以外にもタイムトラベルねたがあるんですが
ネタバレになりそうで...。

管理局の補佐官も地上での富を独占的に享受していることに
罪悪感を感じている者・何とかしようと思ってい者など
悪い奴ばかりではありません。
その一人のランティーノにニックは助けられます。

地上では戦争が終わっていると知ったときの
ニックの心境が...悲しいです。
何しろ汚染されて奇妙な病気が流行していると
云われていた地上に出ることは死の覚悟が
あったからです。

核戦争・密室殺人・タイムトラベル・ロボット戦争
などなど色々な主題を盛り込んでしまって
全体的にぼやけた感じになってしまったことが残念です。
個人的には時間モノに特化して欲しかったですね。
もしくはロボットについて掘り下げるとか!

一つひとつは面白いのでじっくり読まれると
味わい深く感じると思います。
おすすめ度★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 海外小説 SF小説 海外作家_フィリップ・K・ディック タイムトラベル

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。