時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アーヴァタール(上」ポール・アンダースン

アーヴァタール(上)
ポール・アンダースン
<異存在>と呼ばれる謎の種族が建設したとされる
長距離を跳ぶ装置<Tマシン>。
今までは決まった場所にしかいけなかったが
デメテル以外の場所も捜索するように有人の
調査宇宙船が他の星系へ向けて旅立った。
その中の一つ<密使>という宇宙船は
予定より早く帰ったが、宇宙人を連れ帰ったため
地球政府に拉致されたという噂が流れた。
アーヴァタール 上 (創元推理文庫 638-3)
まったくの噂どおりでベータ星の宇宙人を連れてきた
<密使>は船員ごと抹殺されようとしていた。

なぜか<密使>が予定より早く帰ってくることを予測していた
デメテルの実業家はダニエル・ブロ-ゼンは
<密使>を助けるためデメテル司政官オーレリアの制止を振り切って
(<Tマシン>を経由して)地球の有力な家族に訴えに行こうとする

大きくは<密使>側の視点とブロ-ゼンの視点で語られます。
ブロ-ゼンがいい奴かと問われると微妙。
妻と子供がいますが<密使>には元カノジョエル・キーが乗っており
彼女を助けたい様子。
さらに愛人を伴って<密使>を助けに行きます。

地球の議員クイックに命を狙われる<密使>の船員と
ブローゼン、なぜ狙われるのかが良く分かりません。

<Tマシン>が切っ掛けで種として袋小路に入ったベータ人は
地球圏に何かヒントがないかとやってきますが
彼の存在を発表する前に殺されそうです。
ベータ人のフィデリオが保護欲をかき立てるタイプ
なのでなお更 可哀相でなりません。

<Tマシン>も興味深いのですが、宇宙船のホロシートという
役割が面白かったです。
宇宙船と接続すると万能で知識だけではなく
船を通して色々なものが見通せます。
マキャフリーの頭脳船(ブレインシップ)←歌う船 と似たような
感じをイメージしました。

<密使>の船員とブロ-ゼンは生きて帰れるのか?
下巻で確かめたいと思います。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説 海外作家_ポール・アンダースン タイムトラベル

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。