時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バビロニア・ウェーブ」堀晃

バビロニア・ウェーブ
堀晃
太陽系から3光日に発見されたバビロニアウェーブのおかげで
エネルギー問題が一気に解決し新しい航行方法に移った。
バビロニアウェーブのレーザー光束を応用した
レーザー照射で宇宙船が加減速する方式になった。
定期連絡船の操縦士のマキタは太陽系の外円
ダムキナ送電基地に荷物を運んでいた。
しかし、基地からの連絡はなく誘導ビームは送られることはなく
自然航行できない船を捨て救命艇に乗移る事に!
基地でおこなわれている極秘計画とは?星雲賞受賞作。
バビロニア・ウェーブ
バビロニア・ウェーブを発見したランドール博士が
連絡艇で追いついてきて、一緒に基地に行くに。。

登場人物はランドール博士も含めて研究者ばかり、
なので主人公を宇宙飛行士マキタにしたんでしょうが、、
マキタくん頭が良すぎ!科学的検証はついていけないところが有りました。
(語り手が科学者の話を理解しちゃってるので
分かりやすくは説明してくれてないのです[:汗:])

知的異星人の探索。レーザー光束の新たな使い道の模索。
恒星間飛行の検討などいろいろな研究をしていましたが
事故により計画は危機的状況(中止)に。

すごく研究者の熱い気持ちは伝わってきました。
いままで読んだ本の登場人物で一番、研究熱心な人たちです(^_^)
まさに研究に命を捧げるような危険をかえりみない態度に
ちょっと感動しました。

謎がいっぱい出てきましたがランドール博士の
秘密が一番驚きました。
また部外者として受身だったマキタが事件のその後(終章)で
自発的に動こうとしている所がうれしくなりました。

バビロニア・ウェーブの謎、基地の謎、そしてランドール博士の謎が
微妙に絡み合って重厚なSF小説となっています。

おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 SF小説

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。