時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「強救戦艦メデューシン〈上〉」小川一水

強救戦艦メデューシン〈上〉
小川一水
進歩した国ながらも資源がなくなったフレナーダは
後進国だけど資源はたくさんあるココンに侵略した。
戦わず医療をおこなう<大型航空機メデューシン>に乗る
一等看護婦アルテは戦場で
未知の病気にかかったココン人の子供を助ける。
戦いが長引き泥沼になっていった戦争の
裏が見えるようになり<メデューシン>の意義が
再考されはじめる。  強救戦艦メデューシン〈上〉
思ったよりも戦争は長引き、責任を取りたくない
政治家たちがさらに戦火を拡大させていった。

看護婦アルテが拾った子供ヘリオは(体が青くなる)病気を調べるため
としてメデューシンに引き取られた。
ヘリオの村は人も村も焼かれ、生き残りはヘリオのみ...。

医療航空機に乗っていても、医者はドンドン亡くなり
看護婦が手術や医療行為を代行するようになり
建前としては攻撃できないことになっている
<メデューシン>を盾にしないと戦線を維持できない状態
敗戦寸前なので
アルテたちも飢えや・命の危機にさらされます。

さらに、色々な最前線に送られている<メデューシン>が
ココンの裏に別の国の後押しがあることを
軍より先に知ってしまい、軍部に嫌われしまいます。

憎憎しい軍部といいかげんな政治家が凄くよく書けているので
白衣の天使たちの頑張りが神々しくさえ感じます。
<メデューシン>に乗っているヘリオもだんだん
医療助手のようなことをしたりと
アルテのチームはいい人ばかりなのですが
戦争という背景が悲しいです。

両親にも裏切られてしまったアルテ、軍に嫌われた<メデューシン>
戦争はどうなるのか?
下巻に期待します!
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 国内作家_小川一水 SF小説

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。