時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ

クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ
梶尾真治
クロノス・ジョウンターは過去に行けるタイムマシンです。
でもその反動で過去にいった分より多く
未来に飛ばされてしまう特性を持っています。
例えば愛する人を過去にいって助けても、
二度と会えなくなる可能性もあるのです。
そんな哀しいクロノス・ジョウンターの伝説の短編集。
今までの短編(加筆修正)+書き下ろしです。
ご本人はこれでもうクロノスは書かないと
宣言されているので最後になるかもしれません。
以下、ちょっとネタばれあります。
クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ (ソノラマノベルス) (ソノラマノベルス)



『栗塚哲夫の軌跡』
子育てを放棄した感のある母親と仲が良くなかった哲夫。
死んでしまった母にクロノス・ジョウンターを使って
会いに行く話です。

コレもまた、悲しい話です。
死んだ後に母の愛を知ってもやりきれないのでは?

『野方耕市の軌跡』
クロノス・ジョウンターの開発者の一人
である野方耕市が今度はクロノスへ
開発者であることから自分は過去を変えてはならない
強く思っていた彼だったが、一つだけ忘れられない
悔いの残る思い出があった。。

クロノスを作った人物なので他の人とは
ちょっと違う操作をします。
かなり過去に行きたい彼はクロノスの特性を生かし
まず、未来に飛びその反動で自分が変えたい過去へ。

3年前に奥さんも死に、老齢になった耕市の最後の願いは
かなったのか?
今まで一番いいかたちの冒険となりました。
やっぱりこの短編のキーワードは「開発者の強み」ですね?。
一番はじめの搭乗者・吹原くんももう少し理論的に考えるとか
開発者である耕市が味方になっていたら
幸せな結末になっていたかもしれません。

その他、再録の「吹原和彦の軌跡」「布川輝良の軌跡」「鈴谷樹里の軌跡」
「きみがいた時間ぼくのいく時間」が載っています。
一番好きなのはなんといっても初めの「吹原和彦の軌跡」です。
一番初めに読んだのでインパクトがあり
哀しく切なく、そして美しい話です。

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 SF小説 国内作家_梶尾真治 タイムトラベル

 

コメント

非公開コメント

お久し振りです。
クロノス・ジョウンターの伝説∞インフィニティ
良いですよね。
大好きです。
ところで、この中には「クロノス・ジョウンターの伝説」(ソノラマ文庫)収蔵の「<外伝>朋恵の夢想時間」が収められていません。
この話には、クロノス・ジョウンターではなく、クロノス・コンディショナーと言う機械が出てきます。
「きみがいた時間、ぼくのいく時間」の機械はクロノス・スパイラル
でしたし、クロノス・コンディショナーも立派なクロノスシリーズだと
思うのですが。
また、梶尾真治さんの作品ですが「アイスマン。ゆれる」が発売になって
います。
良いお話になっていると思います。
前出の「<外伝>朋恵の夢想時間」ともども未読でしたら是非。
HEROES/ヒーローズ チャーリーを救え(アメリカドラマ「HEROES」からのスピンオフ作品)
燃ゆる十字架のもとに1(アウトランダー13)
この2作品もタイムスリップものです。
未読でしたら。
ZOKU(森 博嗣)ちょっとヘンテコなSF作品です。
この作品も未読でしたら。
長々と乱文失礼しました。

お久しぶりです。
>「<外伝>朋恵の夢想時間」
読んだはずですがまったく覚えていません。
この機会に再読したいと思います(^_^)
>HEROES/ヒーローズ チャーリーを救え、
燃ゆる十字架のもとに1(アウトランダー13)、ZOKU
HEROESのTVドラマが地上波ではじまりましたね。
時間モノとはうれしいです♪
たくさん教えていただいて有り難うございます
皆おもしろそうなので、どれから読むかまよいますね(^^)

追記です。
「<外伝>朋恵の夢想時間」ですが、
「クロノス・ジョウンターの伝説」ー2003年ソノラマ文庫刊ー
ISBN 4?257?77010?4
に収録されています。
「HEROES」好きなんですが、一度では分かりにくい。。。
登場人物一杯だし。
ちなみに、MYパソコンの壁紙は「HEROES」です。
「アウトランダー」シリーズ長いです。
前作までの12巻が友達のところから返って来たので再読しなければ。
今回の分?は4月に1冊、5月に1冊、6月に2冊の
4冊になるらしいですが。
もっとも原書も終了していないらしいので、
最終的には何冊になることやら。
時間モノですが歴史モノ?なのでうろ覚えの知識総動員して読んでます。
歴史の勉強せねば。
漫画ですが、集英社のスーパージャンプに連載されている
「仁 ーJINー」と言う作品も時間モノです。
内容は、幕末にタイムスリップした医者の話で、
本来医療モノに分類されるのかもしれませんが、
http://sj.shueisha.co.jp/contents/jin/index.html
であらすじが見れるようです。
また、長くなりました。
スミマセン。

tkspowerさん。
丁寧に有り難うございます!
>「アウトランダー」シリーズ
時の彼方の再会(1)まで読んだのですが。。
まだまだ有るんですか。
本当に長いシリーズなんですね。
>「仁 ーJINー」
4巻まで読みました。この漫画好きです♪
未来の技術を持ち込んでイイのかな?
と思いながら読んでいます。
森博嗣さんも好きなのでZOKUを読むのが楽しみです。

どうもこんばんわ。
このサイトで『クロノス・ジョウンターの伝説∞』を知り、すぐ本をに買いに行きました。個人的に大満足の作品です。何度も読み返しています。
その中で『布川輝良の軌跡』と『鈴谷樹里の軌跡』が他の作品にないハッピーエンドで気に入ってます。
『きみがいた時間 ぼくがいく時間』は未来を変えよういう意味では分かるのですが、それによって未来のもう一人の自分が歩んできた軌跡が消えるのは複雑な気持ちでした。
今は大石英司著『神はサイコロを振らない』を通勤途中に読んでいます。まだ序盤ですが、その時点では3日後に死ぬと最期が決まった話になっているので、これからそれぞれがどのような結末に進んでいくのか楽しみです。

つたない文章ですみません。
うちのサイトをみて読んでいただけるのが
一番嬉しいです。
>『布川輝良の軌跡』と『鈴谷樹里の軌跡』
主人公が前向きで私も好きです。
>『神はサイコロを振らない』
TV版を見て泣ける話だと分かっていましたが
ラストは感動的でした。
この本も印象に残ります。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。