時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シノダ!チビ竜と魔法の実」富安陽子

シノダ!チビ竜と魔法の実
富安陽子
母親は化け狐、父親は普通の人間。
シノダ家の3兄妹は母親の特殊能力も
引き継いでおり秘密を守りながらひっそりと
暮らしていた。
しかし、いつも厄介ごとを持ち込む
夜叉おじさんがタクミにある物をわたした。
その上、お風呂場ではチビ竜が立て籠もってしまい。
シノダ! チビ竜と魔法の実 (新潮文庫)
元々は子供向けの本が文庫化したみたいです。
充分楽しめました。

森には無いテレビで時代劇を見に来たシノダ母の父
鬼丸おじいちゃんが連れてきてしまった
チビ竜がお風呂場の湿気を気に入って立て籠もり
夜叉おじさんはヘビが集まる石を
わざとタクミにプレゼントした。

どうやら母方の親戚化け狐たちは厄介ごとを
いろいろ持ってくるけど反省はしていないみたい。
ホキおばさんにいたっては、自分の予言を
当てるためにわざと厄介ごとを押し付けようとしている。

明るい家族がケナゲに人が持ってきた
災いと向き合うお話です。
タクミは体にウロコが生えるし、ヘビの大集合で
警察が出動!チビ竜もどうにかしないといけない。

もっと能力を使う話かと思いましたが
人間にも出来る力を使って解決しようとします。
家族の前向きなところがいいですね。
最終的にはチビ竜も手なずけてしまって...。
個性的なキャラクターが多く面白かったです。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 ファンタジー小説

 

コメント

非公開コメント

白と黒

今晩は、ユキノ様。
『シノダ!』、面白そうな本ですね。自分の親の片方が人間でなかったら・・・ちょっと怖い感じもしますが(笑)。

先月、神保町へ久々に足を運びました。掘り出し物は、光瀬龍氏の追悼記事を載せた『宇宙塵』、辻真先氏の『夢はパノラマ』、加納一朗氏の『タイム・エスケープ1945』(是馬・荒馬シリーズ!)です。

しばらくSFが続いたので、本格的な推理小説を読みました。横溝正史氏の『白と黒』です。
完成したばかりの日の出団地で横行する、住人のプライバシーを暴露する怪文書。それによって夫・達雄が失踪してしまった緒方順子は、以前知り合った名探偵・金田一耕助に調査を依頼します。しかし、彼が訪れたその日、完成間近のマンションのダスト・シュートから、灼熱のタールを被った女性の死体が発見されました。
服装と指紋から、それは順子の知り合いであるタンポポ洋裁店のマダムと判明します。が、彼女は親族がいない上に、生前の写真や過去が一切ないという、奇妙な女性でした。そのうち、第二、第三の怪事件が・・・。
果たして、怪文書の主は誰か? 顔の無い死体は本当にマダムか? 金田一耕助の推理は…?

横溝正史氏は、ご存知名探偵・金田一耕助の生みの親である、有名な推理作家です。隔絶された村や島、旧家などで起こる事件を取り扱ったこのシリーズの中では珍しく、都会のマンモス団地を事件の舞台にしたのが、この作品です。タイトルは作中に出てくる怪文書の一部にある言葉ですが、これが重要なキイワードになっています。500頁の長編ですが、読み応えのある作品でした。
ちょっと癖のある文章と、際どい描写の多い作品ですが、推理小説としては、完成度は高いと思います。

ではまた。

No title

返事が遅れてスミマセン、ネット落ちしていました。

> 神保町
いいですね。いつか行きたいです。
仕事で行ったことはありますが本屋めぐりは出来なかった(TT)

> 横溝正史
恥ずかしながらほとんど読んだ事がありません。
TVで見るくらい。
明智 小五郎の方は子供のころ読みました。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。