時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネバー×エンド×ロール」本田壱成

ネバー×エンド×ロール―巡る未来の記憶
本田壱成
空から落ちてきた少女こよみは
遠い未来からやってきたと言った。
15歳の駆と仲間たちは作っていた飛行機を
使って彼女の願いを助けることにした。
町の周りにできた巨大な壁とは?
未来からやってきた少女の目的とは?
ネバー×エンド×ロール―巡る未来の記憶 (メディアワークス文庫)
町の周りを壁で閉ざされた札幌。
地震の後に壁で覆われてしまい町の外に出るには
技術者や自衛隊など一握りの人にしか
許されていなかった...。
少年・駆は天才の友人勇夢の作った
飛行機に乗って町からの脱出を夢見ていた。

未来から来た少女こよみは
駆&勇夢&夏月の計画に一石を投じ
その波紋は大きくなっていった。

はじめの方は青春ストーリィでSFっぽくないですが
話が進むにつれかなりSF度が高くなっていきます。
駆が主人公だと思っていたけど途中から
こよみの物語になっていったのも新鮮です。

町の謎や壁こよみが過去に来た理由も徐々に
分かっていきます。
町の外に出る制限がなければ駆も
普通の学生で卑屈になることもなかったのに
と考えてしまいました。
やはり凡人としては、天才の勇夢や運動神経抜群で町の外に
出ることが決まっている夏月には感情移入できませんでした。

かなり切なく夢があるかどうか分からない
ストーリィでしたが謎の部分は意外で楽しめました。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 SF小説 タイムトラベル

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。