時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「一鬼夜行-花守り鬼」小松エメル

一鬼夜行ー花守り鬼
小松エメル
顔が怖いが、人のいい古道具屋
喜蔵の元に集まる個性的な人たちと
花見に繰り出すが、高市の不思議な話を
聞くうちに仲間が次々と消えていく...。
いろいろな人の思いや過去が分かる
明治を舞台にした妖怪シリーズ。
一鬼夜行 花守り鬼 (ポプラ文庫ピュアフル)
怖い顔で言葉か足りない兄の喜蔵と
暮らし始めた妹の深雪。
深雪は兄に不満があるようだか態度に出すだけで
理由は話さない。(似たもの兄妹ですね)
戸惑う喜蔵だったが、そのタイミングでお花見に
行くことになります。
(ちなみにお花見に行ったのは、深雪・綾子・高市・彦次・平吉
途中参加で喜蔵)

古道具を収集する高市の不思議な話が良かったです。
妖怪がらみの怖い話かとおもいきや!
最終的には心が温かくなるイイ結末でした。
反対に恐ろしかったのが綾子の過去の話
妖怪だけではなく人間の悪意がにじみ出ていて
背筋が寒くなりました。

登場人物のいろいろな話が絡み合っているのですが
仲間が次々と消えていく裏にはやはり
妖怪たちのイタズラが原因になっています。

そして、小春の出番が少ないのが残念です。
優しい鬼・小春のおかげで今回も兄妹の
誤解が解け喜蔵もうれしそうでした。
小春と一緒だとすなおになったりするんですよね。
次作があるのなら、小春の出番を増やして欲しいです。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 ファンタジー小説 妖怪

 

コメント

非公開コメント

花見

回想もちょこちょこあるとはいうものの、花見の宴だけで1冊というのはなかなか豪気な構成ですね。

確かに

お花見で1冊書いてしまうのはすごいですね。
色々あったものの、
お花見が楽しめたようでよかったです。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。