時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不完全な死体」ラリー・ニーヴン

不完全な死体
ラリー・ニーヴン
小惑星帯で作業中に片腕を失った
ギル・ハミルトンはそのことが切っ掛けで
もう一つの手、ESP能力が開花された。
新たな能力を生かして国際警察(ARM)に
採用されたギルが難事件を解決する。
SFミステリ。
不完全な死体
人類が増えすぎ寿命も延びて、出産制限もある未来。
生体移植技術が向上し、悪いところは取り替えられるようになった。
しかし、人が死なない割りに移植の提供者は少ない...
そこで闇の臓器売買者が生まれることとなった。

ギル・ハミルトンの所属するARMは闇の臓器売買の撲滅
新しいテクノロジーの監視、出産制限の取り締まりが主な仕事。
小惑星帯で働いていた頃の同僚オーウェンが
変死体で発見され、闇の臓器売買が関わっているのでは
と考えたギルは調査を始めた。

完成度が高いSFミステリです(^^)
ギルの3本目の手(ESP能力)だけではなく
未来の歪んだ地球の状態も書かれています。
冷凍睡眠とかSFの小道具が多いのにミステリでもある
お得な気がする作品でした。

ギルの捜査方法も面白いです。まず、現場の状況や被害者の
データから”臓器売買あやしい”とあたりをつける
それに沿って重点的に捜査をし証拠を集めていく
いわゆる刑事のカンってやつです。
同僚に恵まれているのか、皆さんもその方針に沿って
データを見つけてくれます。
相棒はいなくほぼ一人で捜査を続けるスタイルも
興味深いですね。

ラリー・ニーヴンはなんとなく苦手でしたが
この本を読んで続きが読みたくなりました。
他のシリーズも探してみたいと思います。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説 推理小説 海外作家_ラリー・ニーヴン

 

コメント

非公開コメント

ラリー・ニーヴンといば...

リングワールドですが、お読みになったでしょうか?
私は夢中で読んだ記憶がありますが、このシリーズが苦手なんでしょうかね?
ひとそれぞれ好みが違っていてそれもまた面白いですね。

何時も参考させていただいています。...m(__)m

面白いのですが

「リングワールド」は面白かったです。
でもその続編なども長編で分厚かったので
続きを読めず、苦手感がありました。

「不完全な死体」で再度面白さを認識し
短い話から読もうと思っています(^^)
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。