時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「共和国の戦士〈2〉星間大戦勃発」スティーヴン・L・ケント

共和国の戦士〈2〉星間大戦勃発
スティーヴン・L・ケント
<共和国>に反旗を翻した4つの星系からなる
<国家連合>は狂信者のモガド教徒と
手を組み戦争を仕掛けてきた。
一枚岩でいなければ戦えないはずの
共和国軍は二分され、クローンを擁護していた
ハリスの庇護者クライバー元帥が死亡。
ショックを受けたハリスは復讐を決意する。
共和国の戦士〈2〉星間大戦勃発 (ハヤカワ文庫SF)
<国家連合>は4つの星系を抑えており
コチラの<共和国>は地球を含むものの2つの星系のみ...。
国家連合側は軍隊をあまり持っていないが
(なぜか軍を持っている)モガド教徒を取り込んだ。

まさか、クライバー元帥が死亡するとは思っても見ませんでした。
ハリスとの仲もよく、ハリスは元帥の計らいで
名誉除隊になる手はずだった..しかし元帥の死亡で
まったく違う道を進むことになった。

流されているように見えるハリスも自分の意思で
決めるようになります。
いつもは自信満々なのに
自分の行動が遺伝子のせいなのかと
悩んだり確認する姿がいじらしく感じますね。

そして、<国家連合>と<共和国>がカチでぶつかり合います。
戦闘には参加していませんがリアルタイムで
ハリスはその様子を見ることになります。
シン・ニッポンが科学技術を<国家連合>に教えてしまった
ことで戦局は大きく変わっていくんです。

後半は、ハリスの相棒レイ・フリーマンの家族たちが
いる星を守りにいきます。
レイの過去や素の姿がみれて興味深かったです。
レイはクローンという事でハリスを軽蔑したり
殺そうとしないので読んでいて安心です。

この巻は1巻で出てきた懐かしい人が何人か
登場し驚きました。
3巻でも活躍するようですが、ハリスの精神状態を
考えるとクライバー元帥には元気でいて欲しかったです。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)

関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。