時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「聖なる比率(上)」デヴィッド・ヒューソン

聖なる比率(上)
デヴィッド・ヒューソン
クリスマス直前、ローマは大雪に見舞われていた
ローマ市警のニック・コスタと相棒は
通報を受けた殺人現場で、背中に模様を
刻まれた女性の死体を発見する。
情報保安庁やFBIまで乗り出してきた
この事件の裏に存在するものは?。
聖なる比率 上 (ランダムハウス講談社文庫 ヒ1-7)
現場では犯人を捕まえそこね、目撃者も逃がしてしまう。
目撃者はクルド人の少女ライラ
刑事のペローニには心を開くようになったが
彼女が下巻での鍵を握っているような気がしてならないです。

捜査で失敗してヒラ刑事になった相棒のペローニを
信頼し尊敬しているコスタ、二人に流れる
信頼関係&空気感がいいです。

連続で殺されているのはアメリカ人で共通点は
背中の模様。これでFBIに介入されます。
実は連続殺人犯を追ってやってきたFBI捜査官
胡散臭いです!
コンビのうちに一人は何も知らされていなく、もう一人は
何かを隠している...。
何も知らされていないFBI捜査官エミリー・ディーコンの方は
ローマ市警に協力をしてくれます。

話は面白いのですが、市警が頑張って捜査しているのに
邪魔をする(死体はFBIに持っていかれた)情報保安庁やFBIの
行動には意味があるのか?
だだ話をややこしく、推理しにくくしているんだったらイヤだな。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)

関連記事

tag : 読書 海外小説 推理小説

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。