時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「何かが道をやってくる」レイ・ブラッドベリ

何かが道をやってくる
レイ・ブラッドベリ
13歳の少年ウィルとジムの住む町に
移動カーニバルがやってきた。
回転木馬や小男の出し物、
本当は楽しいはずの見世物は
不気味な雰囲気をかもし出していた。
何かが道をやってくる (創元SF文庫)
「何かが道をやってくる」はテラ87さん
オススメいただきました。ありがとうございます。

ある夜、カーニバルを覗いていたウィルとジムは
クガー氏が回転木馬を反対に回転させ
若返っていくのを見てしまう。
怪しいカーニバルの秘密を知ってしまったウィルとジムは
カーニバルの人々に狙われることになる。

ともかく不気味でダークな雰囲気の話です。
話の始めは避雷針を売る親切な営業の人から
入ります。(売れ残ったものをジムにくれる)
しかし、後で見た彼はカーニバルの小人になっていました。

鏡館の行方不明になる子供、回転木馬で
子供になってしまう先生などなど...。
恐ろしい事態なのにも関わらずカーニバルに
惹かれていくジム。
親友を引き戻そうとするウィル..
そんな中、大人はまったく信じてくれないと
思っていた不気味話をウィルの父チャーリーが
信じて助けてくれます。

この辺りからかぜん冒険が面白くなっていきます。
何年かごとに来て恐怖をまき散らすカーニバル
ホラーのような怖さがありました。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 ファンタジー小説 海外小説 海外作家_レイ・ブラッドベリ

 

コメント

非公開コメント

No title

あぁ懐かしいぃ…
いつだったか大分昔に図書館で借りて読んで、詳細は忘れてしまったのでもう一回読みたいです・・・
あの、夢の中にいるような感覚がたまらんです。
表紙がずいぶんかわいいですね。

避雷針

この話の本編を読んだことはないけれど、竹宮恵子の「私を月まで連れてって!」で内容を知りました。
あれって、ほとんどネタバレだった気がするけれど……。

Re:

テトラさん>
> あの、夢の中にいるような感覚がたまらんです。
現実なのか夢なのか、境があいまいで怖かったです。
> 表紙がずいぶんかわいいですね。
この表紙好きです。

まなせさん>
「私を月まで連れてって!」を読みたくなりました。
竹宮恵子さんなつかしいな(^^)

バンジョー下げてやってくる♪

今晩は、ユキノ様。
『何かが道をやってくる』、お気に召してよかったです。あれを超えるファンタジーって、ちょっとすぐには思いつかないです。
あのカーニバル団は、何だったのでしょうか? 思うに、ダーク氏もクガー氏も、あの団員たちも元は人間だったんじゃないでしょうか? 全ての元凶は、あの回転木馬だったのかもしれません。
因みに、この作品は80年代にディズニーが映画化しており、脚本はブラッドベリ本人が書かれたそうです。ビデオのみの公開でしたが、僕はその貴重な映画をDVDにダビングして持っています。
それと『エスパイ』は、映画版の方も見たことあります。ストーリイはちょっと物足りないですが、超能力を使うシーンは特撮がなかなか力が入っていました。

3日の文化の日は、東京巡りに行ってきます。また珍しい本が入手できたらご報告しますので、幸運を祈って下さいね。
では、お休みなさい!

Re: バンジョー下げてやってくる♪

ネットが繋がらず、お返事が遅れました。スミマセン

「何かが道をやってくる」のおすすめありがとうございます。
不気味でインパクトのある話でした。

>ディズニーが映画化しており、脚本はブラッドベリ本人
DVDになるといいですね。

> 3日の文化の日は、東京巡りに行ってきます。
楽しそうですね。古本GET頑張ってください。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。