時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「がんばれチャーリー」 ポール・アンダースン他

がんばれチャーリー
ポール・アンダースン&ゴードン・R・ディクスン
父の仕事でニュー・レムリア星に来た内気なチャーリー・スチュアート少年は
未開惑星ニュー・レムリア星の独裁王国タリイナに
滞在することが決まった。お供はホーカ人家庭教師のバートラムのみ。
想像力が暴走し現実と物語の区別がつくなくなる
バートラムが暴走しチャーリーは”伝説の救世主”に祭り上げられてしまった。
独裁者・オラギ王に狙われたチャーリーの運命は?
がんばれチャーリー
救世主が赤毛でチャーリーも赤毛という共通点だけ
で盛り上がって救世主にしてしまうバートラム。
まぁ、タリイナ王国が圧政に苦しんでいることと
チャーリーがスコットランドの王族の血筋を引くことが
混ざって、妄想スイッチが入ったと思われます。

テディ・ベアそっくりで地球文化が大好きなホーカ人
オックスフォードの教授になりきっていましたが
タリイナ王国につくと今度は従士になりきり
チャーリーをわが殿と呼ぶようになってしまいました。

ホーカ人の行動は『ドン・キホーテ』を思い出します。
妄想となりきってしまうところが似てますよね。

勝手に間違われた赤毛の”伝説の救世主”は
五つの偉業を成し遂げた後に独裁者の王を追い落とすと
予言されています。

予言にかこつけた五つの偉業を徐々にこなしていく
冒険部分が面白いです。
特にホーカ人の反応が...。

背景には人類とホーカ人が加入している汎生物連盟に新たに
加入を考えているニュー・レムリア星とか
そもそもニュー・レムリア星には赤毛はいないとかありますが
ホーカ人が出てくるわりにはすばらしいラストで
とても印象的でした。
「星の王子チャーリイ」という名前でも出版されています。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説 海外作家_ポール・アンダースン

 

コメント

非公開コメント

No title

このシリーズ、元ネタを知っていると
さらに楽しめますよね~。
こういうものを読むと、己の足りなさをひしひしと感じてしまいます。

それでも面白いですけど。

ホーカ・シリーズは

「くたばれスネイクス!」を一番最初に読んでしまったので
よく分かりませんでした。
「がんばれチャーリー」はその点ホーカ人の性質とかが
上手くかけている気がします。
「地球人のお荷物」も再チャレンジしようと思います
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。