時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「闇の劫火―夜に彷徨うもの」ロブ・サーマン

闇の劫火―夜に彷徨うもの
ロブ・サーマン
新しい依頼はプロミスの古い友人である吸血鬼
ストーカーから守ること
しかし、キャルとニコルはオーフィに
付け狙われており、プロミスの娘が
新たな敵を連れてやってきた。
オーフィの狙いはキャルが
死んだほうがましと思わせる計画だった。
闇の劫火―夜に彷徨うもの (C・NOVELSファンタジア)
珍しく、キャルとニコが交互に語り手となる
構成になっています。
最近語り手が複数いる本をいろいろ読みましたが
ロブ・サーマンの文章が上手い(翻訳がいいのか)せいで
違和感なくサクサク読めてホッとしました。

プロミスの元彼や娘の存在があきらかになり
ニコは少なからずキズつきます。
元彼の方は今回の依頼主で100年もプロミスと
会っていなかったそうですが、未練たらたらの様子。
ニコとプロミスの仲に激しいシットを燃やすんです。

メスしか残っていないオーフィは復讐の為に
キャルを狙います。
今回、彼は成長したように思えます。
ニコ側から見たキャルはイキイキしていて
辛抱強い弟。重度ブラコンであるニコをうまく
書いています。語り手を交互にしたのは
成功ですね!家族の絆を感じました。

あと家族同様のロビンは自分も巻き込まれて
殺されるかもしれないのに
再度、キャル&ニコ兄弟と戦うと
宣言してくれました。
いつも自堕落だけど、大事な時には命を顧みず
味方になってくれるロビン、今回も格好良かったです(^^)

嫌われ者の半オーフィだと自分を責め続けて
いたキャルですが、彼を心配する仲間がどんどん増えて
(命を懸けなくても)助けてくれる人が
多くなってきたことが嬉しいです。

ニコの弟離れは一生ムリだろうということが
分かった回でもあります。
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本)
関連記事

tag : 読書 海外小説 ファンタジー小説 吸血鬼

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。