時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チョッキー」ジョン・ウインダム

チョッキー
ジョン・ウインダム
ゴア家の長男マシューに
見えない友人がいることに気が付いたのは
マシューが11歳の春だった。
初めのうちは家族もよくある
空想の友達かと思っていたが
彼の言動が学校で問題になると考えを改めた。
さて、チョッキーとはいったい何なのか?
チョッキー
ゴア家のマシューの生い立ちはちょっと複雑です。

奥さんメアリーの実家は多産家系で結婚したら
すぐに妊娠して子供を生むのが普通。という考えでした。
ゴア家のやさしい夫デビットは奥さんの実家近くに
家を構えましたが、親戚のプレッシャーがすごく子供に恵まれ
ませんでした。
そんな状態で養子になったのがマシューです。
その後、妻の実家から離れた場所に引越し
メアリーは実子であるポリーを出産します。

このポリーにも空想の友達がいたことがあり
メアリーもデビットも初めはマジューの友人チョッキーを
気にしなかったのです。

しかし、学校の先生に光速よりはやいものがある
とか、なぜ人間は男と女がいるのか?などなど
難しいことを聞きはじめたことで先生たちに
煙たがられてしまいます。

読んでいてハラハラする場面が多かったのですが
養子のマシューは家族に愛されており
父デビットは彼の心を心配して、慎重にチョッキーの
ことを知ろうとしてくれました。

マシューを質問攻めにしたり、地球が下等な科学しかない
と馬鹿にするチョッキーは好きではないですが
家族の愛がいっぱい詰まっていて、温かくなりました(^_^)

メアリー側の親戚は、たまに物事を引っ掻きまわそうとして
迷惑ですが、デビットが息子を守ります。
SFっぽい所は少なく家族の物語でした。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説

 

コメント

非公開コメント

鶴書房版とソノラマ版の違い

こんにちは、ユキノ様。
『宇宙知性チョッキー』、復刻されたんですね。評価も三ツ星。さすがはウィンダムですね。
ウィンダムはこの作品を書いた翌年に亡くなっており、これが今のところ、氏の遺作だそうです。この作品が書かれる以前に氏は結婚しており、作中の家族の描写にも大きな影響を与えたと思います。
個人的には、ラストのメダルを手渡す場面が好きです。

この前、幸運にも鶴書房のSFベストセラーズで、今日泊氏の『怪獣大陸』を読む機会に恵まれました。その際、鶴書房版は、僕の所持しているソノラマ文庫版とは、細かい点で内容が違うことが判明しました。
どうやら先に出版されたのは鶴書房版の方で、ソノラマ版はそれを大幅に加筆修正した改訂版のようです。面白いことに、挿絵は同じ作者でした。
同じ作品でも、別々の出版社だと違うもの…その違いを読み比べてみるのも、また面白いと思います(まあ、内容的に、どちらも面白さには変わりないですけど…笑)。

ではまた。

Re: 鶴書房版とソノラマ版の違い

> ウィンダムはこの作品を書いた翌年に亡くなっており、これが今のところ、氏の遺作だそうです。
知りませんでした。残念です(TT)
> 個人的には、ラストのメダルを手渡す場面が好きです。
あのシーン良かったですね。子供の気持ちを
分かってあげれる父親ってすごいです。

> 鶴書房のSFベストセラーズ
入手困難ですよね。
読み比べっへ楽しそうなので一度やってみたいです。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。