時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「暗号名『鳩よ、翔びたて』」井上卓也

暗号名『鳩よ、翔びたて』
井上卓也
霧を抜けると銀座が変わっていた
昭和10年の日本に恋人とタイムスリップ
してしまった秋山和正は日本の歴史を
戦争の歴史を変えることがタイムッスリップ
してきた自分の使命と考え
歴史改変に乗り出した。
暗号名『鳩よ、翔びたて』
新聞社でコピーライターをする秋山と恋人の久美子は
昔のお金を拾った後、謎のおじいさんに強引に競馬の勝利結果が
載っている本を買わされる。
昔のお札がギッシリ詰まった財布の横に落ちていた
マッチに書いてあったお店が”ラインゴールド”
霧を抜けた銀座の”ラインゴールド”ここからこの話が始まります。

秋山が見た映画「スパイ・ゾルゲ」にレストラン
”ラインゴールド”が出てくることから
昭和10年にタイムスリップしてしまった彼は
(落ち着くと)太平洋戦争を止めることが
謎のおじいさんから託された使命だと考えていきます。

今まで読んだタイムトラベル本の中では
一番お金に不自由しないパターンでした。
”競馬の勝利結果”が分かる本を持っているので
お金には困らない、謎のおじいさんのおかげで
戸籍もとれ、久美子は”ラインゴールド”で働くことになります。

ゾルゲや尾崎秀実と友達になって
日本を戦争から回避させようと頑張りますが
行き着いたのがヒトラー暗殺とありがちな企画!
それまで昭和初期の日本を丹念に書いていただけに
ちょっと残念です。

ですが、映画「スパイ・ゾルゲ」に触発された
作者がノリノリで戦中を書いているので
意外と面白く読めました。
結局、秋山も久美子もいつ警察に捕まるかもしれない
とドキドキしながら昭和初期を満喫していたように思えます(^^)
ラストは少し泣けました。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 タイムトラベル

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。