時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鬼神伝 鬼の巻」高田崇史

鬼神伝(1) 鬼の巻
高田崇史
中学生の天童純は密教僧の源雲によって
平安時代にタイムスリップさせられてしまう。
そして鬼退治を手伝うようにお願いされた。
オロチをあやつる力を持つ純は
鬼VS人間の戦いに巻き込まれてしまう。
ミステリーランドシリーズ。
鬼神伝 鬼の巻 (ミステリーランド)
同級生に追いかけられ逃げ込んだ寺いた
源雲にケガの手当てをしてもらった純は
平安時代にタイムスリップさせられてしまった。

そこでは人と鬼が戦っており、源頼光 渡辺綱などの有名人と
知り合いになる。
彼らと友だちになり一緒に戦場に出るが
ある日、鬼の娘と出会い純の考えは変わっていく...。

鬼と人の戦いに疑問を持っていた純は
鬼と話しをしたいと思っていた。怪我をした鬼の少女
水葉を家に送り届けると鬼側の事情も分かってきた。

見る角度により考えも違ってくる、子供向けに書いているように見えて
とても奥深い話しでした。

そもそも、日本に元から住んでいる人たちを鬼と呼び
大陸からやってきた人たち貴族を人と呼ぶことにしたことから
話がおかしくなってきます。(鬼の中には土着の神も混じっている)
よくある話ですが勝った者が歴史を書き換えるのはよくある
パターン。
日本の元から住む人たち(特に)有力部族は鬼にされてしまったのです。

純自身も、スサノオの血を引く鬼(朝廷から見れば)の子ということを
知り悩んでしまいます。
小野篁やいろいろな神様も出てきて歴史的な面とファンタジーな面が
合わさって面白くなっています。

ちなみにミステリーランドシリーズとして出版され
た「鬼神伝 鬼の巻」と「鬼神伝 神の巻」を
まとめて1冊にしたものがノベルスとして出版されています。
鬼神伝 (講談社ノベルス)

おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本・読書)

関連記事

tag : 読書 ファンタジー小説 タイムトラベル

 

コメント

非公開コメント

イチコロ島SOS

今晩は、ユキノ様。
昨日、とっても楽しい小説を読み終えました。加納一郎の冒険小説『イチコロ島SOS』です。

新聞に出ていたクイズに応募した是馬と荒馬は、見事イチコロ島という島の七日間の旅に当選します。夢のようなリゾート地を想像しながら、二人はルンルン気分で島を訪れます。
ところがそこは、荒れ果てたボロ屋敷があるだけの、絶海の孤島。実はこの島、インチキクイズでおびき寄せた人々の命を、あの手この手で奪い合う、10人のヒットマンたちの根城だったのです! 哀れ、生贄に選ばれた兄弟の運命はこれ如何に?

何を隠そう、これが是馬・荒馬シリーズの記念すべき第一作! 催眠術、毒ガス、真空斬り、電気椅子、ギロチンなどを扱うヒットマンたちを、まさに知恵と勇気と強運だけで返り討ちにしてゆく二人の姿は、とても痛快で応援したくなります。途中、思わぬ宝を見つけたり(黄金、黄金!)、新たな生贄に選ばれた少女(←性格にかなり問題あり)を助けたり、まさに縦横無尽の大活躍! 第一作目からこの完成度ですから、加納先生の力量を実感しました。
さすがは、ソノラマ文庫を代表する長寿シリーズ! ぜひ復刊してほしいものです。

では、お休みなさい。

Re: イチコロ島SOS

>『イチコロ島SOS』
読みたいですね。
是馬・荒馬シリーズの記念すべき第一作!と言われると特に
読みたくなります。
加納一郎さんの本は絶版が多いので私も復刊して欲しいと思います。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。