時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コイルズ」ロジャー・ゼラズニイ & セイバーヘーゲン

コイルズ
ロジャー・ゼラズニイ & フレッド・セイバーヘーゲン
定期的に送られてくるお金で優雅に暮らしていた
ドンはコーラと出会い結婚を決心した。
二人でドン故郷に帰ると自分に過去の
記憶がないことに気がつく。
機械と会話できる男が巻き込まれた
陰謀の結末とは?
コイルズ (創元推理文庫)
コーラの勧めで催眠療法を受けたドンは
過去のことを徐々に思い出します。
しかし、診察後に医者が心臓発作で亡くなり
コーラも姿をくらまします。
彼女の失踪に以前働いていたアングラ・エネルギー社が
関係有ると直感したドンは会社に乗り込もうとするが
命を狙われてしまう。

出だしはSFぽくなく始まりますが
ドンの特殊能力以外にもアングラ・エネルギー社に能力者が
いることが分かってから面白くなっていきます。
アンはテレパシー(幻覚を見せることも出来る)、マリーはPK・(物を動かす)で
ウィリーは生物に働きかける(殺したりとか?)能力がある。
4人でチームを作って実験を行っていた。

徐々に戻っていく記憶(本名)も、コンピュターとの
連携、能力者との戦い!
後半SF色が強くなると俄然、読み手ものってきます。
今まで読んだゼラズニイの中では一番傑作かと思います。
セイバーヘーゲンと共著だと変わるんですかね?
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本・読書)

「コイルズ」の復刊ドットコム
関連記事

tag : 読書 海外小説 SF小説 海外作家_ロジャー・ゼラズニイ

 

コメント

非公開コメント

No title

これは面白そうです。チェックしときます。また増えた…
この方たちの本は読んだことありません。

蜃気楼博士

こんにちは、ユキノ様。
『コイルズ』の感想、有難うございます。ゼラズニイって、あの『吸血機伝説』の作者ですよね? 共作というのも珍しい。

ここのところSF続きだったので、久々に推理小説を読破しました。都筑道夫の『蜃気楼博士』です。
主人公の草間次郎少年には、久保寺俊作という知り合いのおじさんがいます。彼はその昔、『蜃気楼博士』の異名を誇る名マジシャンでした。
ある日、次郎と俊作は、次郎の兄・昭一から、峠原忠明という男の存在を知らされます。彼は若いながらも優れた霊媒で、守護霊の力を借りて、ある悪人を始末するというのです。半信半疑ながらも、二人はその実験に参加しました。
手錠・足錠をつけられ、洋服ダンスの中に閉じ込められた峠原。時間が過ぎ、扉を開けると、一緒に入れておいた短刀がありません。そしてそれは、遠く離れた場所にいる悪人の胸に突き刺さっていたのです!
果たして次郎は、そのトリックを見破れるか?

都筑道夫が自信を持って読者の頭脳に挑戦する、本格推理小説です。ジュブナイルとはいえ、非常に完成度の高い作品でした。現在は雑誌に掲載された推理コーナーも収録されて、復刻されています。是非一読を。

それではまた♪

共著は当たり外れがある

テトラさん>
ちょっと古臭い雰囲気ですが、パソコンと会話する
という内容に惹かれました。

テラ87さん>
すみません『吸血機伝説』は読んだことないかも?
>『蜃気楼博士』
うさんくさいタイトルがいいですね。これで推理ものなんですが。
ジュブナイルは好きなので探してみます(^^)
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。