時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「樹環惑星」伊野隆之

樹環惑星-ダイビング・オパリア
伊野隆之
殖民惑星オパリア、低地では有毒な雲の下に
独特の自然の森。
人々は高地にドームを築き暮らしている。
そのオパリアで新型の森林熱が発生し
シーギラは調査のために20年ぶりに
オパリアに入った。日本SF新人賞
樹環惑星――ダイビング・オパリア―― (徳間文庫)
シーギラと殖民惑星オパリアには因縁があった。
20年前の調査で低地帯に様様な化学物質があることが
発見された。シーギラ担当教授がそれを発表すると
オパリアの低地帯は企業に買い取られた。
自治政府は売った後に低地帯の価値に気が付きシーギラたち
調査隊を逆恨みした。

シーギラたちを良く思っていないオパリア自治政府によって
惑星への入国を断られていたが
オパリア専門の学者は少なく森林熱という特殊な状況で
再入国できることになった。

特殊な成り立ちの惑星、1つの企業が惑星への影響力がある
というのも珍しい設定だし
森林が多い惑星なのに有毒の空気が充満している地区が
ある、アンバランスさが面白かったです。

シーギラの森林熱調査と平行して、ダイビングに燃える
男たちの姿も書かれています。
はじめは二つの話が交わらないのではと予想していましたが
思わぬ所で交差してビックリしました。

SF的なところはインプラントを埋め込むことで情報にアクセス
するとかケガをっしたときに再生槽があるとか
人の情報を覗き見するなどなど、あまり開けていない惑星かと
思いましたがその辺の小道具は面白かったです。

自治政府との駆け引きや企業へのスパイ行為
現地の人と協力なども見所ですが
印象的なのは惑星の特殊なところとそこに住む
人の共存しようとする気持ちが上手く書けていました。

伊野隆之さんの本は初めてですが、また読んでみたいと思います。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 SF小説

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。