時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファウンデーションの危機(上)」グレゴリイ・ベンフォード

ファウンデーションの危機(上)新・銀河帝国興亡史(1)
グレゴリイ・ベンフォード
デマーゼル(R・ダニール)が帝国の首相を
降りてセルダンが後任に指名された。
皇帝がノリ気なものの、一介の数学者を首相に据える
事に反対な勢力がおりセルダンに命の危険がせまる!
地位は欲しくなく未来予測について研究を続けたい
セルダンが政変に巻き込まれます。
アシモフの代表作をベンフォードなどが書く新シリーズ!
ファウンデーションの危機 <上> (―銀河帝国興亡史    ハヤカワ文庫SF)
勝手に首相に推薦したダニールは涼しい様子なのに
対し過保護になるドール(セルダンの妻でボディガード)
クレオン皇帝から派遣された護衛も増え、学園では笑われる
立場(見世物)になり面白くないセルダン。
元々、首相になりたくないセルダンと周りの反応の
食い違いがおかしいです。
(野心家と見られ嫌われるか、権力があると思って擦り寄ってくる)
大げさ警備をして欲しくないセルダンですが首相候補の今は
状況が許さずモヤモヤする日々。

クレオン皇帝がセルダンを呼び出していろいろ話し合うのが
面白いです。たまにツマラナイ冗談をいう
クレオンっておちゃめですね。無害なヤツかと思っていましたが
結構な修羅場をくぐっているみたいだし、見る目はある。
首相になるのがイヤなのに皇帝に断れないセルダン...
なんででしょう?不敬罪で殺されちゃうから?

上巻の内容を簡単に言うと「傾いてきた帝国の首相に推薦され、その地位が
欲しい人に狙われる」話ですがそれ以外の楽しみも有ります。
”模造人格”もその一つ。昔の人間の人格を人口知能バリに復活させる
というプロジェクト!ジャンヌ・ダルクとヴォルテールが
が復活、その話も絡んできて混沌としています。

出番は少ないもののダニール登場でうかれました(^^)
私のロボットに関する印象ははダニールとロビィの
出現で大きく変わりロボット好きに拍車がかかりました。
出来ればもっとダニールが出てくると嬉しいのですが、
下巻に期待したいと思います。
おすすめ度★★

人気ブログランキング(本・読書)
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説

 

コメント

非公開コメント

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。