時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「時の書(1)」ギヨーム・プレヴォー

時の書(1)彫刻された石
ギヨーム・プレヴォー
古本屋をしている父が居なくなり、手がかりを
求めてやってきた店で見つけたのは地下室の隠し部屋。
穴のあいたコインを太陽の絵が描かれた石碑にはめると
サムは1000年以上前の、アイオナ島へ
タイムスリップしていた。
サムの父はどこへいったのか?歴史冒険ファンタジー。
時の書1 彫刻された石
14歳の誕生日に父を探しに来たは、タイムトリップしてしまう。
たどり着いたのは見知らぬ島。
修道士たちが宝(美しく書き写した聖書)を守っていました。
漁師の子が迷い込んできたと勘違いされて、厳しい追及から
難を逃れたサムでしたが
ヴァイキングが島にやってきて!

その後、第一次世界大戦中のフランス、古代エジプトへ次々とタイムスリップし、
中世のブリュージュでは幼なじみのアリシアの先祖とも出会います。

歴史タイムトラベルに良くあるパターンの超有名どころにタイムスリップ
するのではなく、マイナーなところに行くことが面白いです。
また、家庭では母が亡くなり父は行方知れず!
祖父母と一緒に暮らし、さらにイトコのリリも同じ家に住んでいる状態で
思春期のサムには悩むことが多いです。

まぁ、仲悪かったリリ(12歳)はタイムスリップのころを
相談すると協力的でサムをサポートしてくれるようになり
ちょっと、ホッとしました。

サムは柔道を習っているのですが、大会にはいじめっこのモンク
とアリシアの彼氏もエントリーされており
なぜかモンクには敵視されています(サムの方が体も小さいし、弱いんですけど)
1巻のラストでこの大会がありサムの快進撃に驚きました。

父親がどこに行ったか分かったけど、迎えに行かないと
帰れない場所に居る。
リリの母とその彼氏の干渉とイジメも強くなっています。

この冒険が終わる頃には、精神的にも強くなっていそうですね。
がんばれ!サム。
おすすめ度★★★

人気ブログランキング(本・読書)

関連記事

tag : 読書 海外小説 ファンタジー小説 タイムトラベル

 

コメント

非公開コメント

アンドロボット,99

今晩は、ユキノ様。
『時の書』感想、読ませてもらいました。
サムの冒険、まだまだ続くようですね。父親と再会できることを祈ります。
三連休の間に、今日泊亜蘭の『アンドロボット,99』を読み終えました。面白かったです。

時は1999年の未来の日本(と言っても僕らにはすでに遠い過去ですが)。主人公の少年ミキ夫は友達とともに、他校との対抗試合に出すアンドロイド・ロボ助の調整中、驚くべき現象を目にします。ロボ助は、転校生の阿里佐ノノの心に思った通りに行動するのです。そう、全てがお手製であるロボ助の電子頭脳は偶然にも、人間の思考波を感知する機能を身につけたのです。
それを狙うのは、火星独立を目指す火星連合のスパイたちでした。彼らに誘拐されたノノのテレパシーを受け、ロボ助は追跡を開始します。単なる誘拐事件は、やがて地球と火星の全面戦争へと発展してゆきます。果たして、ミキ夫とロボ助たちの活躍は?

今日泊氏には珍しいジュブナイルSFですが、『光の塔』と同じ、独自の未来世界が目を惹きます。キャラも個性豊かですが、なんといってもハチャメチャな行動を取るロボ助のキャラが強烈! 全編的にユーモアたっぷりなのも印象的でした
金の星社とソノラマ文庫から、それぞれ出版されています。図書館などで探してみて下さい。

それと、以前紹介した『火星年代記』、改訳版が出ました。こちらも良ければどうぞ。
では、お休みなさい。

Re: アンドロボット,99

いつもありがとうございます。

>今日泊亜蘭の『アンドロボット,99』
ロボットものですね。内容を拝見して俄然興味を持ちました。
スパイも好きですし、早速探してみます。

> それと、以前紹介した『火星年代記』、改訳版が出ました。こちらも良ければどうぞ。
ありがとうございます。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。