FC2ブログ
時間旅行~タイムトラベル

タイムトラベル(時間旅行)小説のあらすじと感想を中心に紹介しています。!最近はSFとラノベも読んでます。

「火星のプリンセス」E・R・バローズ

火星のプリンセス A Princess of Mars
E・R・バローズ

南軍の大尉だったジョン・カーター、
アリゾナの洞窟で意識がなくなったと思ったら
火星に飛んでいた。
火星には人型の生命がいて体も大きく獰猛だった。
言葉も分からない生活習慣も違う中で
徐々に地位を上げていく、冒険と出世の物語。
「火星のプリンセス」E・R・バローズ

どうやって火星についたのかも分からず
さらに火星には人(?)がいました。奇想天外なSFです。

はじめに会った緑色人は4メートル半で腕が4本
体重百八十キロ(推定)、肌は緑色!
サーク族の副首長=タルス・カルタスに気に入られたカーターは
ソラという心の優しい侍女に言葉や習慣を教えてもらい
だんだん火星に馴染んでいった。

組織とか戦いがファンタジーぽいのです。
皇帝や王などもいるし剣でも戦います。
一方、飛行機のようなものや大砲(?)銃などがあり
科学は地球より発達しているという設定にちょっと戸惑いました。
(大気を作る機械とかはスゴイですね)

孤独だったカーターが犬のような動物のウーラと
仲良くなってから、読みやすくなり一気に読みました。
王女のデンジャー・ソリスも重要ですが
始めに優しくしてくれたソラと忠実な犬ウーラが
カーターと絡むと(大変な状況でも)話が楽しくなります。

赤色人はカーターと同じくらいの大きさで腕も2本。
彼が好きになった美しい王女のデンジャー・ソリスも
赤色人です。
王女を助けたり、陰謀に巻き込まれたり奴隷のように
牢屋に入れられたり息もつかせない怒涛のストーリィが
見ものです。

一番驚いたのは、子供が卵で生まれること!
肌の色よりも出生制限よりも驚きました。
爬虫類ですか?火星人は...。そんな生物的に
違いそうなのに地球人のカーターと結婚できるのか?
是非、読んでみてください。
(※1980年の創元SF文庫版で読みました)

児童書だったり、合本など何度も翻訳されているらしいです。
おすすめ度★★★★

人気ブログランキング(本・読書)

火星のプリンセス―合本版・火星シリーズ〈第1集〉 (創元SF文庫)
火星のプリンセス&火星の女神イサス&火星の大元帥カーターが合体した本
関連記事

tag : 読書 SF小説 海外小説

 

コメント

非公開コメント

>ユキノ様
毎日拝見していますが、コメントは久しぶりですね。
栗本薫さんに『火星の大統領カーター』というパロディ作品もありましたね。こちらはジミー・カーター合衆国大統領のほうで、ジョン・カーターではありませんが。

ありがとうございます。
>『火星の大統領カーター』
タイトルが面白いですね。「火星の大元帥カーター」の
パロディ(タイトルだけ)ですかね。
栗本さんがそんな本を書いているとは
知りませんでした。
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
最近のコメント
データ取得中...
プロフィール

ユキノ

Author:ユキノ
「時間旅行-タイムトラベル」
について


 にほんブログ村 本ブログへ

QRコード
QR
RSSリンクの表示
ネットの本屋さん
月間アーカイブ
月間アーカイブ
作者・ジャンル別カテゴリ